FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

高野やすのりののりのりFX

明けましておめでとうございます。年初はユーロ円の買いでスタートか

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

金曜日の海外時間には、ユーロ買いが強まった一方、ドル円は一旦下落する場面もありましたが買い戻されました。

欧州時間、特段の新規材料はありませんでしたが序盤からドル売りが強まって、ドル円は112.40円台まで下落し、ユーロドルは1.1990台まで上昇しました。

NY時間にはいると、ドル円は下げ渋る展開となりましたがユーロ買いは続き、ユーロドルは1.2010付近まで、ユーロ円は135.00円台まで上昇しました。ロンドン時間午後4時のいわゆるロンドン・フィキシングにかけて円売りが強まると、ドル円は112.70円台まで、ユーロ円は135.50円台まで上昇しました。

NY時間引けにかけては、ポジション調整でややユーロが売られ、ユーロドルは1.1990台まで、ユーロ円は135.10円付近まで下落しました。

FF金利先物市場の3月利上げの織り込みは57%でほぼ変わらずでした。

今日の海外時間には、ユーロ圏・12月製造業PMI(確報値)、英・12月製造業PMIの発表があります。

2017年のドル円の変動率は9.6%で、過去30年で3番目に小さい変動率でした。また年間レンジの半値112.96円に近い水準での引けとなっています。一方ユーロドルは年初から約14%上昇してほぼ高値圏での引けとなり、変動幅も16.6%と大きくなりました。NYダウを始め主要株価指数は史上最高値を更新し、日経平均も26年ぶりの高値で引け、全般的にリスク選好の年となる中、ドル安、円安が進み、結果的にドル円は小動きとなりました。

新年2018年には、秋に米中間選挙があるほか、4月に任期を迎える黒田日銀総裁後継人事、ECBの利上げ開始の可能性などの材料がありますが、引き続きドル安、円安の中ドル円は小動きとなるのでしょうか。

最新の高野やすのりののりのりFX

高野やすのり(たかの たすのり)

高野やすのり(たかの たすのり)

慶應義塾大学商学部卒。チェース・マンハッタン銀行(現J.P.モルガン・チェース銀行)、スイス・ユニオン銀行(現UBS銀行)、ファースト・シカゴ銀行(現J.P.モルガン・チェース銀行)などでインターバンクディーラー業務に従事。
20年以上に亘り、外国為替市場の第一線で活躍。 2004年より為替市場の中の様々な立場で長年培ってきた経験を生かし、インターネット上のコンテンツや、ラジオ、セミナーを通じて正しいFXの知識や、FXの魅力を広める為の活動を行う。
2009年2月からFXプライム株式会社勤務。現在、ラジオNIKKEI「夜のトレード酒場」、東京MXTV「マーケットワイド第2部」などに出演中。

現 FXプライム株式会社・チーフストラテジスト
NPO法人日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト
「みんなの外為」オフィシャル会員

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ