FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

高野やすのりののりのりFX

米長期金利上昇で円売り加速、10月6日以来の113円台乗せ

昨日の海外時間には、米長期金利が上昇したことから円売りが強まりました。

欧州時間序盤、独DAX指数が上昇したことと、スペイン・カタルーニャ問題への懸念から独国債利回りが上昇し、米長期金利もつれ高となりました。米長期金利の上昇を受けてドル買いが優勢となってドル円は112.70円台まで上昇し、ユーロドルは1.1730付近まで下落しました。

その後NY時間午前にかけて米長期金利が一段と上昇すると、全般的なドル買いは収まりましたが円売りが強まって、ドル円は113.00円台まで、ユーロ円は133.00円台まで上昇しました。この間ユーロドルは1.1780付近まで反発しています。

NY時間午後にかけて米長期金利がやや低下すると、ドル売りが優勢となってドル円は112.80円台まで下落し、ユーロドルは1.1800台まで上昇幅を拡大しました。

NY株式市場では、NYダウが初めて23,000ドル台に乗せるなど主要3指標が全て史上最高値を更新しました。この動きを受けた日経平均も寄付きから上昇しています。

FF金利先物市場の年内のFOMC追加利上げ織り込み度合いは約93%、2018年6月までの2回目の利上げは約62%とやや低下しています。

今日の海外時間には英・9月小売売上高指数、米・10月フィラデルフィア連銀景況指数、米・新規失業保険申請件数、米・9月景気先行指数の発表のほか、ジョージ・カンザス連銀総裁の講演が予定されています。

昨日の海外時間には、スペイン・カタルーニャ問題や東アジアの地政学的リスクが燻ぶる中でも、各国株価と国債利回りが上昇、円安の動きとなりました。特にユーロ円は一方的な動きで戻りらしい戻りもなく1円超上昇しました。今日東京時間17時は、スペインがカタルーニャ自治州に対して設定した、独立の正当性に関する主張を撤回する期限です。この時間までに主張を撤回しなかった場合、自治権は停止され、カタルーニャはスペイン政府直轄となる、としています。一方カタルーニャ側は、自治権を停止された場合、一方的に独立を宣言する、としていることから、何等かの混乱が起こる可能性が高くなっています。

10月25日(水) 【オンラインセミナー】
「負けないためのFXテクニカル分析」~チャート分析から取引戦略へ Part1
⇒ https://www.fxprime.com/seminar/summary/e171025.html

公式Twitter はじめました!
⇒ https://twitter.com/takano_fxp

最新の高野やすのりののりのりFX

高野やすのり(たかの たすのり)

高野やすのり(たかの たすのり)

慶應義塾大学商学部卒。チェース・マンハッタン銀行(現J.P.モルガン・チェース銀行)、スイス・ユニオン銀行(現UBS銀行)、ファースト・シカゴ銀行(現J.P.モルガン・チェース銀行)などでインターバンクディーラー業務に従事。
20年以上に亘り、外国為替市場の第一線で活躍。 2004年より為替市場の中の様々な立場で長年培ってきた経験を生かし、インターネット上のコンテンツや、ラジオ、セミナーを通じて正しいFXの知識や、FXの魅力を広める為の活動を行う。
2009年2月からFXプライム株式会社勤務。現在、ラジオNIKKEI「夜のトレード酒場」、東京MXTV「マーケットワイド第2部」などに出演中。

現 FXプライム株式会社・チーフストラテジスト
NPO法人日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト
「みんなの外為」オフィシャル会員

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp