FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

高野やすのりののりのりFX

今夜いよいよFOMC


今夜(明日)午前3時にFOMCの結果が発表されます。市場参加者の多くは近い将来(おそらく12月)の資産規模(バランスシート)縮小の開始が決定されると考えています。

予想外の可能性としては、縮小開始が決定されない、縮小が即時(10月から)開始されるなどです。

仮に縮小開始が決定されなかった場合が、一番大きな反応になるのではないでしょうか。この場合は米長期金利低下、ドル売り(円買い)となるでしょう。ドル円は110円を大きく割り込む可能性があります。

一方10月からの縮小開始は、それほど大きな反応にはならず、緩やかな米長期金利とドル円の上昇となるのではないでしょうか。

また、いわゆるドットチャートでFOMCメンバーがタカ派的な姿勢を見せた場合はもう少し大きなドル買いになるかもしれませんが、その可能性よりも、市場予想(来年末までに1.6回の利上げ)にさや寄せして、これまでの来年3回よりも少ない回数の予想となった場合はバランスシート縮小を決定しても米長期金利の低下、ドル売りという流れになる可能性もあります。


9月27日(水) 「高野やすのり、チャート・パターンが示す相場の行方」 ~相場のことは相場に聞け!【無料オンラインセミナー】
⇒ https://www.fxprime.com/seminar/summary/e170927.html

最新の高野やすのりののりのりFX

高野やすのり(たかの たすのり)

高野やすのり(たかの たすのり)

慶應義塾大学商学部卒。チェース・マンハッタン銀行(現J.P.モルガン・チェース銀行)、スイス・ユニオン銀行(現UBS銀行)、ファースト・シカゴ銀行(現J.P.モルガン・チェース銀行)などでインターバンクディーラー業務に従事。
20年以上に亘り、外国為替市場の第一線で活躍。 2004年より為替市場の中の様々な立場で長年培ってきた経験を生かし、インターネット上のコンテンツや、ラジオ、セミナーを通じて正しいFXの知識や、FXの魅力を広める為の活動を行う。
2009年2月からFXプライム株式会社勤務。現在、ラジオNIKKEI「夜のトレード酒場」、東京MXTV「マーケットワイド第2部」などに出演中。

現 FXプライム株式会社・チーフストラテジスト
NPO法人日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト
「みんなの外為」オフィシャル会員

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp