FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

第358回 世界を変える伊勢志摩サミット(1/3)

 本連載は残り三回で最終回を迎える。
 筆者は13年10月1日に、14年4月の消費増税が決まった瞬間から、
「このままでは日本は国民経済の崖に突っ込む」
 と、警告することを続けてきた。実際、日本経済は15年4-6月期、7-9月期と二期連続でマイナス成長を記録し、リセッションに突っ込んだ。その後も、経済が成長軌道に乗ることはなく、安倍政権は15年10月に予定されていた消費税10%引き上げを、17年4月に延期。
 とはいえ、14年消費税増税の悪影響はあまりにも大きく、日本経済はマイナス成長が常態化してしまった。現在の経済環境で、17年4月の消費税増税など、「現実を見る目」を持っているならばできるはずがない。
 5月14日、日本経済新聞に、「消費増税再び延期 首相、サミット後に表明 地震・景気に配慮」という記事が掲載された。

『2016年5月14日 日本経済新聞「消費増税再び延期 首相、サミット後に表明 地震・景気に配慮」
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS13H56_T10C16A5MM8000/
 安倍晋三首相は13日、2017年4月に予定する消費税率10%への引き上げを再び延期する方針を固めた。国内外の経済に先行き不透明感が広がるなか、4月の熊本地震による景気への影響も出ている。増税すれば政権の最重要課題であるデフレ脱却がさらに遠のくと判断した。今月26~27日に開く主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)の議論などを踏まえて表明する見通しだ。(後略)』

 後略部に書かれているが、総理が与党幹部に増税見送り方針を伝え、政府内で増税の1~3年の延期の検討に着手したということである。
 上記が報道された後、例により安倍総理や菅官房長官が記事を否定する発言をしたことも報じられたが、
「新聞記事で事前に情報を大々的に流し、要人が発言で否定しつつ、何となく織り込んでいく」
 という、安倍政権のいつものパターンだろう。TPP交渉参加でも、13年10月の14年増税決定の際にも、全く同じ手法が使われた。
 日経の記事では、総理が増税再延期を決めた最大の理由が「経済」となっている。欧州歴訪中の5月2日、総理は、イタリアで、
「おととしの消費税の8%への引き上げが予想以上に消費に影響を与えたのも事実だ」
と、発言した。
 国内ではなく、国外で発言することで情報を織り込むという手法も、安倍総理は得意としている。国内では、官僚やブレーンや取り巻きがいるため、発言を歪めざるを得ない、という話なのかも知れない。
 いずれにせよ、5月18日に発表になる16年1-3月期のGDP成長率が相当によろしくないのは間違いなさそうだ。当然、総理にはとっくに情報が入っているだろう。 
 さて、増税延期のポイントを幾つか取り上げると、まずは「消費増税再び延期」の具体的な中身だ。一年延期か、数年延期か、あるいは「凍結」「減税」にまで踏み込めるか。日経の記事では、「最大3年の延期」ということになっている。
 もっとも、ただの「延期」では、現在の停滞状況が続くことになってしまい、消費が回復することはないだろう。結局、我々日本国民は、
「将来的に消費税が増税される」
という予想の下では、消費を拡大することはなく、むしろ「増税に備えて」預金を増やすのだ。(無論、増税直前の駆け込み消費「のみ」はあるが)
 実際、2014年の消費税増税後、日本国民の消費性向(所得から消費に回す割合)は、75%から72%に下がった。増税で実質賃金を引き下げられ、かつ「将来、またもや増税」という話では、国民が預金の割合を増やすのも無理もない。

最新の三橋貴明の「経済記事にはもうだまされない!」

三橋貴明(みつはし・たかあき)

三橋貴明(みつはし・たかあき)

1994年、東京都立大学(現:首都大学東京)経済学部卒業。
外資系IT企業ノーテルをはじめ、NEC、日本IBMなどに勤務した後、2005年に中小企業診断士を取得、2008年に三橋貴明診断士事務所を設立する。現在は経済評論家、作家として活躍中。
インターネット掲示板「2ちゃんねる」での発言を元に執筆した『本当はヤバイ!韓国経済―迫り来る通貨危機再来の恐怖』(彩図社)が異例のベストセラーとなり一躍注目を集める。同書は、韓国の各種マクロ指標を丹念に読み解き、当時日本のマスコミが無根拠にもてはやした韓国経済の崩壊を事前に予言したため大きな話題となる。
その後も、鋭いデータ読解力を国家経済の財務分析に活かし、マスコミを賑わす「日本悲観論」を糾弾する一方で、日本経済が今後大きく発展する可能性を示唆し「世界経済崩壊」後に生き伸びる新たな国家モデルの必要性を訴える。
崩壊する世界 繁栄する日本』(扶桑社)、『中国経済がダメになる理由』(PHP研究所)、『ドル崩壊!』 など著書多数。ブログ『新世紀のビッグブラザーへ blog』への訪問者は、2008年3月の開設以来のべ230万人を突破している(2009年4月現在)。

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp