FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

【NY市場】米国債利回りの下げでドル売り優勢に ポンドが軟調

 きょうのNY為替市場はドル売りが優勢となった。この日は主要な米経済指標の発表も無く、特段のドル売り材料は見当たらなかった。NY時間に入ってからの米国債利回りの下げを見て、モデル系や短期筋が利益確定売りを入れた模様。

 米国債利回りの下げについては、ムニューシン米財務長官が次期FRB議長にパウエルFRB理事を支持と伝わったことや、米大手銀の調査で米国債のショートポジション(利回り上昇)が06年以来の高水準に積み上がっているとの報告、そして、アブダビの100億ドルの起債に絡んだ動きなどが指摘されている。

 ドル円は113円台から112円台に値を落とした。連日113円台前半で上値を止められているが、下押す動きまではなく、ポイントとなっていた112.50水準は維持されている。依然として上値期待は根強いようだ。

 米税制改革や年内利上げ期待の一方で、日銀は出口戦略にほど遠い状況で、量的緩和の継続が期待されている状況。北朝鮮問題が最悪の事態に発展しなければ、金融政策の格差拡大が円安の流れを加速させるとの期待は根強いようだ。

 もし、ドル円が113円台で定着するようであれば、目先は113.85付近が上値目標との指摘も聞かれる。7月高値が114.50付近にあり、直近高値の113.25付近からちょうど半分程度の距離にある。

 一方、ユーロドルは1.1770近辺まで一時買い戻された。きょうは1.16台に下落する場面も見られたが、1.17台は維持された格好。スペインのカタルーニャ州の住民投票をきっかけに週明けのユーロは売りが優勢となったが、その週明けに売りで入った投機筋が買戻していたとの観測も聞かれた。

 ポンドが軟調。この日の英建設業PMIが予想外の弱さだったことや、メイ英首相とジョンソン外相がEU離脱交渉で対立しており、与党内が分裂するのではとの不安がポンドを圧迫しているようだ。ポンド円は149円台での推移が続いている。

minkabu PRESS編集部 野沢卓美

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp