FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

【ロンドン市場】ドル買い一服、ユーロとポンドが逆方向に動く

 29日のロンドン市場は、ドル買いが一服。米債利回りの低下に反応して、ドル円は一時112.50割れとなった。米10年債利回りは序盤に2.32%近辺から前日NY終値水準2.30%台後半へと低下し、その後は揉み合いとなっている。取引中盤にはドル円は112.50挟みに落ち着いている。

 この日は、欧州通貨間の取引が活発。朝方からユーロ買い・ポンド売りが持ち込まれた。その後発表された第2四半期の英GDP確報値が前年比+1.5%に下方修正、ドイツ失業統計は失業率が5.6%に低下と予想外の良好な結果となり、両通貨の値動きの差異がさらに広がった。一方、9月ユーロ圏消費者物価速報は前年比+1.5%と予想を下回ったが、ユーロ売り反応は一時的。ユーロドルは1.18台乗せ、ポンドドルは1.33台半ばへと下押し。ユーロ円は132円台後半での強もち合い、ポンド円は150円台前半まで下落。

 カーニー英中銀総裁は、金利は今後数ヶ月で上昇するだろうと繰り返す一方で、消費者信用とEU離脱がリスク材料と指摘していた。市場では利上げペースは慎重なものとなりそうだとの見方が広がっていた。

 ユーロの支援材料としては対スウェーデンクローネの動きもあった。スウェーデン中銀がイングベス総裁の任期を5年延長すると発表。マイナス金利導入の立役者の続投で、市場には今後も緩和策が継続するとの見方が広がった。ユーロ/クローネは9.60近辺から一時9.661レベルまで上昇。約2ヶ月ぶりのクローネ安・ユーロ高水準となった。

 ユーロとポンドが逆方向に動いたこともあって、ドル相場や円相場には、総じて大きな流れは出ず。月末・期末でフロー主導の展開だった。

みんかぶ「KlugFX」 松木秀明

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp