FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

【ロンドン市場】週末控えて調整ムード、欧州株安で円高・ドル高に

 19日のロンドン市場では、調整ムードが広がった。NY原油先物が48ドル台後半から一時48ドル割れへと下落、欧州株が軟調に推移しており、イタリアMIB指数が2%超安になっている。注目度の高い経済指標発表や金融当局者からの発言報道に欠けており、手掛かり難となるなかで、調整の動きが優勢になっている。

 為替市場でもリスク回避型の円買いとドル買いの動きがみられている。ユーロドルは1.13台半ばが重くなり、1.13手前水準まで下落。ユーロ円は113円台後半から113円台前半へと下押し。ポンドドルは1.31台後半から1.31手前まで下落。ポンド円は131円台後半から131円台前半へと軟化した。

 弱さが目立ったのがオセアニア通貨。豪ドル円は76円台後半から76.10近辺まで、NZドル円は73円付近が重く、一時72.60近辺まで下げた。両通貨は対ユーロでも軟調。この時間帯には特段の材料は出ていないが、前日のNY終盤に米格付け会社ムーディーズが、両国大手銀行の格付け見通しをネガティブに変更と発表したことが重石となった面があったようだ。

 そのなかで、ドル円は100円台前半での揉み合いに終始しており、方向性を見出せない状況。リスク回避的なドル高と円高に挟まれた格好。NY序盤にかけてはクロス円やドルストレートも円買い・ドル買いが一服してきている。

みんかぶ「KlugFX」 松木秀明

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp