FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

米中貿易戦争と米雇用統計の弱さで警戒感

※忙しい人のサマリー
米中貿易戦争と米雇用統計の弱さで警戒感

トランプ大統領の追加関税発言重石、瞬間の反応は限定的

【東京市場】朝のトランプ発言で振幅

 昨日のNY市場で米株高などの動きを受けて、リスク選好でのドル高円安が強まり、107円台半ば手前で迎えた金曜日の東京市場。

 107円40銭台でのもみ合いから、トランプ大統領の発言で一気に107円ちょうど近辺に。トランプ政権が米通商代表(USTR)に対して、中国への更なる1000億ドルの輸入関税の検討を指示との報道がいったん後退した貿易戦争懸念が強まって、いったんドル買い円売りが強まった。

 もっとも大台を維持したことその後はポジション調整に。107円台前半での推移が続いた。

 ユーロドルは1.22台前半を中心としたもみ合い。ドル安局面で一時1.22台後半まで上昇も続かず。

【ロンドン市場】トランプ発言受けた下落を戻す

107円46銭を付けるなど、東京市場でのドル安円高を一蹴し
東京朝の水準での推移に。

 もっとも昨日のNY市場、今日の早朝と同様に
107円台半ばからは売りが入っており
頭を抑えられる格好となった。

 ユーロドルやポンドドルでもドル高進行も
ポイントを抜けきれずという流れに。

【NY市場】雇用統計弱い

 雇用統計のうち非農業部門雇用者数がが予想を大きく下回る結果となり
ドル売り円買いが強まった。失業率も弱め
注目の平均時給は予想通りでインパクトはなく
全般に雇用者数の伸び鈍化が注目された。

 米中貿易戦争への懸念から米株が大きく売り込まれたことも重石となり
ドル円は東京市場の安値を割り込み、106円台に落として週の取引を終えた。

 リスク警戒のドル安円高の動きで、
ドル円が値を落としたほか、クロス円も軟調。
ユーロドルなどはドル安を受けて少し買い戻し。

【本日の見通し】リスク警戒残るも地合いは上方向か

 リスク警戒感が当面は残る展開に。
米中貿易戦争懸念については、交渉の中で落としどころを探る展開で
実際に関税をかけあう貿易戦争に至る可能性が
それほど高いわけではないが、
無視してドル買いを進めるにも慎重な姿勢といったところ。
107円台半ばから108円にかけての大きな上値抵抗水準が重石となると
再びの円高も。

 ファングを中心とした米株売りの動きが
どこまで続くのかも未知数。
雇用統計の弱さもあって、いったんは調整ムードも。

 もっとも地合いは上方向継続。
米中関連での報道でのドル安円高圧力も
少しずつ効きが弱くなっている印象で
振幅を交えながら上をトライする流れか。

【本日の戦略】

 押し目買いの流れか
106円台での買い下がりも
少し待っての買いに回りたい。
105円台にしっかり落とすと売りという印象。

 デイトレは上の重さを確認して、レンジでの回転か。

※山岡和雅個人の見解です
為替や、その他いかなる商品について売買を推奨するものではございません

山岡和雅(やまおか・かずまさ)

山岡和雅(やまおか・かずまさ)

1992年チェースマンハッタン銀行入行
1994年ロイヤルバンクオブスコットランド銀行
(旧ナショナルウェストミンスター銀行)移籍
10年以上インターバンクディーラーとして活躍した後にGCIグループに参画。
2016年3月より株式会社みんかぶマガジン社・FX情報配信部門 部長兼 編集長
(社)日本証券アナリスト協会検定会員
主な著書として「外為投資ネットでらくらく儲かる方法」(すばる舎)
はじめての人のFX(外国為替証拠金取引)基礎知識&儲けのルール」(すばる舎)がある

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ