FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

中国の報復関税で一時ドル売り円買いも、値を戻し、上値トライ

※忙しい人のサマリー
中国の報復関税で一時ドル売り円買いも、値を戻し、上値トライ

市場は意外と楽観的、期日までに交渉まとまるとの期待も

-+---+--+---+---+---+---+---+---+--+--


【東京市場】レンジ取引続く、豪ドルは振幅

 4日のドル円は106円台半ばを挟んだレンジ取引。前日の米株の買い戻しを受けてリスク警戒の動きが後退したものの、東京株式市場での株高の勢いがなく、落ち着いた動きを見せていることもあり、ドル高円安の動きも盛り上がらなかった。

 その他通貨も落ち着いた動き、1.22台へ値を落としているユーロドルは1.22台後半でのもみ合いが続く展開に。

 動きがみられたのは豪ドル。10時半の豪小売売上高(2月)が予想を大きく超える好結果となり、豪ドル買いが進行。対ドルで頭を抑えていた0.77を上抜けて勢いが続き、0.7717近辺まで上値を伸ばす展開となった。もっとも、後場に入ってアジア株の上げ渋りなどでポジション調整が入り、0.77割れに。

【ロンドン市場】中国の報復関税発表で値を落とす

 中国が報復関税の方針を発表した。
焦点といわれた大豆や航空機などの重要品目も含めた内容に
警戒感が強まり、
ドル円は106円を一時割り込むところまで売り込まれた。

 株式市場でも売りが続くなどリスク警戒が強まった。

 もっとも、下げ一巡後は少し戻す展開に。
警戒感は継続も、今後の動向にらみとの思惑から
突っ込んだ売りに対しては買い戻しが入った。

【NY市場】米株の買い戻し受けてドル高円安

 下げて始まった米株式市場はプラスに転じ、リスク警戒の動きが後退した。
中国の米国への対抗関税の方針を受けて
米中の通商問題懸念が強まり、その対処に航空機なども含まれたことで
ボーイング株の下げなどから米株の大幅安が進む展開に。

 しかし、米中の通商問題に関しては期限までに落ち着くとの思惑が強く
株はプラス圏を回復
ドル円も106円台後半としっかりの展開となった。

【本日の見通し】株の買い戻しがどこまで続くか

 NY市場で株が買い戻された流れがどこまで続くかがポイントに。
昨日の警戒感が後退し、市場は基本的に楽観姿勢。
米中の通商問題に関しては、最終的には落としどころを決めて落ち着くとの見方が広がっている。

 通商問題が落ち着くと、基本はドル買い円売りの流れだけに、
上値期待の強い展開。

 もっとも、警戒感が残るうえに、明日の雇用統計を控えて
107円台を積極的に試す展開も難しそう
106円台後半を中心としたレンジ取引か。

【本日の戦略】押し目買い

 下がったところでの買いが入りそう
106円がしっかりしたことでドル買い円売りの意欲が強い。
押し目を待ちたいがどこまでといったところ
スウィングは明日の雇用統計をにらんで
106円台前半待ち
デイトレは早めに買いに回るも無理をせず。

※山岡和雅個人の見解です
為替や、その他いかなる商品について売買を推奨するものではございません

山岡和雅(やまおか・かずまさ)

山岡和雅(やまおか・かずまさ)

1992年チェースマンハッタン銀行入行
1994年ロイヤルバンクオブスコットランド銀行
(旧ナショナルウェストミンスター銀行)移籍
10年以上インターバンクディーラーとして活躍した後にGCIグループに参画。
2016年3月より株式会社みんかぶマガジン社・FX情報配信部門 部長兼 編集長
(社)日本証券アナリスト協会検定会員
主な著書として「外為投資ネットでらくらく儲かる方法」(すばる舎)
はじめての人のFX(外国為替証拠金取引)基礎知識&儲けのルール」(すばる舎)がある

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ