FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

貿易戦争懸念後退し、ドル高円安進行

※忙しい人のサマリー
貿易戦争懸念後退し、ドル高円安進行

欧州通貨は対ドル、対円ともに上昇。
ユーロはバイトマン独連銀総裁の強気発言など支え
-+---+--+---+---+---+---+---+---+--+--

【東京市場】朝方の円高から値を戻す

 先週末は米中通商問題への懸念からドル円は104円台へ値を落とし
週明けも同水準でのスタート。
 
 しかし、米中通商問題の進展がすぐではないとの思惑もあり、
その後は値を戻す展開となり、ドル円は105円台を付ける動きに。

 四半期前の実需がらみのドル買いなども。

 欧州通貨は対円、対ドルともにしっかり。

【ロンドン市場】円安優勢

 貿易戦争懸念は根強いも、目先の警戒感が後退しており
ドル円は105円台でしっかり。

 ユーロは1.24台を回復する流れに。ユーロ円の買いに加え
バイトマン独連銀総裁の強気発言などもユーロ買いに寄与。

 ポンドもしっかり。ユーロ買いにつられたほか
英労働党がハードブレグジットの回避に前向きとの報道が
ポンド買いを支えた。

【NY市場】株高好感してドル高円安進行

ドル円は105円40銭台まで大きく上昇した。ロンドン市場で105円台にしっかり乗せたドル円は、米債利回りの上昇や寄り付きから大きく買われた米株式市場動向にドル買い円売りの動きを強め、105円台前半でしっかり。昼前に、いったん調整の動きが強まり、株が上げ幅を縮小し、米債利回りも東京午後の水準に落とされる中で、104円台へ値を落としたが、104円台では買いが入る展開となり、105円台を回復。NY午後に株高の動きが加速し、米債利回りも再び高い水準での推移となると、朝の水準を超えて105円40銭台まで上値を伸ばした。

 欧州通貨は対ドル、対円ともにしっかり。ユーロドルはバイトマン独連銀総裁の強気発言もあってロンドン市場で1.24台にしっかり乗せると、NY朝に1.2460超えまで上値を伸ばす展開に。リスク選好の動きを受けた対円での買いがユーロを支えた。

【本日の見通し】リスク選好の動き続くか

米中通商問題への懸念がやや後退している。

 中国がWTO提訴を発表するなど、両国の強硬姿勢は目立つが、貿易戦争による貿易縮小は両国とも望んでいないとの思惑が広がっており、市場は比較的楽観視が目立つ状況。

 昨日の米株高を受けて、日本株なども大きく買われると見込まれており、
ドル円は105円台後半を試す可能性も。
 
 会見年度直前で、実需がらみの取引も一服していると見られ、106円台超えの可能性も。

 欧州通貨は対ドルでもしっかり。

 その分クロス円は軒並みの上昇期待。ブレグジッドと交渉がらみの懸念もここにきて弱まっており、ユーロ円、ポンド円はもう一段の買い圧力も。

minkabu PRESS編集部 山岡和雅

【本日の戦略】ドル買い期待

 すでに海外市場での上昇後だけに買いにくさも
基調は上方向か

 ドル円は106円超えを期待したいところで
基本は買い下がりという印象。

 デイトレも買いから出、105円台後半での利益確定での回転狙い。

 もっとも政治相場だけに、トランプ発言など一つでひっくり返る可能性も。
ストップを忘れずに入れたい。

※山岡和雅個人の見解です
為替や、その他いかなる商品について売買を推奨するものではございません

山岡和雅(やまおか・かずまさ)

山岡和雅(やまおか・かずまさ)

1992年チェースマンハッタン銀行入行
1994年ロイヤルバンクオブスコットランド銀行
(旧ナショナルウェストミンスター銀行)移籍
10年以上インターバンクディーラーとして活躍した後にGCIグループに参画。
2016年3月より株式会社みんかぶマガジン社・FX情報配信部門 部長兼 編集長
(社)日本証券アナリスト協会検定会員
主な著書として「外為投資ネットでらくらく儲かる方法」(すばる舎)
はじめての人のFX(外国為替証拠金取引)基礎知識&儲けのルール」(すばる舎)がある

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ