FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

【視点】独連立政権樹立に前進でユーロ買い

※忙しい人のサマリー
独連立政権樹立に前進でユーロ買い

ドル円はクロス円の買いに支えられる

NY原油高でカナダ買い

-+---+--+---+---+---+---+---+---+--+--

【東京市場】やや反発も限定的

 祝日明けの東京市場でドル円は111円台半ばまで反発。
22日の海外市場で値を落としてから111円台前半の安値圏推移も、
少し買戻し。
 
 もっとも、上値は依然重く、感謝祭で小休止中の米税制改革の動向などへの警戒感が
依然として根強い展開となっている。

 株がしっかりとした動きを見せたこともあり、クロス円もしっかり。

【ロンドン市場】ユーロ買い

 ドル円は111円56銭を高値に、その後はもみ合い。
クロス円が軒並みの上昇で、ユーロ円が132円割れから132円台前半。

 ユーロは対ドルでも買われ10月の高値を超える場面が見られた。

 FDPとの連立交渉失敗で厳しい状況にあったメルケル政権。
選挙戦中から連立に加わらないことを宣言していたSPDが
ここにきて前向きな姿勢を示しており
再びの大連立への期待感からユーロ買いが強まった。

 独Ifo景況感も強めに出て、ユーロ買いに寄与した。

 【NY市場】ユーロ買いさらに加速

 ロンドン市場に続いてユーロ買いが主導する展開となった。
1.19の大台に乗せたことでポジション調整の動きが加速。
1.1944までと、ユーロ買いの動きが加速した。

 このところのユーロの最大の懸念材料であった独政局に
かなり前向きな話が広がってきたということで
ユーロ買いの動きは来週にかけてさらに強まる可能性も。

 ユーロは対円でも買いが入る展開。米株がしっかりとなったことも好感し
ユーロ円、ポンド円などの買いが目立った。

 ドル円はクロス円の買いに支えられ、
ロンドン市場につけた高値を超えて、111円62銭まで。
高値を付けた後の戻りが鈍く、高値圏でのもみ合い。
午後に入って株式市場などがクローズすると動きを失ったが、調整は限定的。

 NY原油が大きく上昇し、カナダ買いに。
NY原油は来週のOPEC総会を前に、ロシアとOPECが延長の枠組みで合意と報じられ、
大きく上昇、終値ベースで1.6%高まで上値を伸ばす展開となった。
非公式会合の関係者が匿名を条件にメディアに伝えたもの。
来週30日に行われるOPEC総会での延長決定に向けて
月曜日から各国要人が総会が開かれるウィーンに入り調整を行うとみられている。


【本日の見通し】ユーロ買いの流れ継続

 混乱が懸念された独政局は、選挙戦の時点で連立の拒否を明言していたSPDが
再選挙の可能性も生じる事態を鑑みて連立に前向きな姿勢を示したことで
一転してユーロ買いの材料となった。

 当初のCDU/CSUとFDP,緑の党の連立では
政策のまるで違うFDPと緑の党の調整が難航していたが
SPDの場合、CDU/CSUとFDPだけで過半数の確保が可能となるほか、
これまでと同じ形での連立なだけに
市場に安心感が広がっている。

 ユーロ円の買いがドル円を支える形で、ドル円も111円台を維持してきそう。
112円台も十分に期待できる流れ。

【本日の戦略】押し目買い

 クロス円の買いに支えられる形でドル円もしっかり。
ドル円は
111円台前半での押し目買いが基本か。

 ユーロ円はさすがに手が出にくいが、こちらも押し目はしっかりと拾いたい。

 デイトレも買いから。下値リスクは警戒も上方向が面白そう。
※山岡和雅個人の見解です
為替や、その他いかなる商品について売買を推奨するものではございません

minkabu PRESS編集部 山岡和雅

山岡和雅(やまおか・かずまさ)

山岡和雅(やまおか・かずまさ)

1992年チェースマンハッタン銀行入行
1994年ロイヤルバンクオブスコットランド銀行
(旧ナショナルウェストミンスター銀行)移籍
10年以上インターバンクディーラーとして活躍した後にGCIグループに参画。
2016年3月より株式会社みんかぶマガジン社・FX情報配信部門 部長兼 編集長
(社)日本証券アナリスト協会検定会員
主な著書として「外為投資ネットでらくらく儲かる方法」(すばる舎)
はじめての人のFX(外国為替証拠金取引)基礎知識&儲けのルール」(すばる舎)がある

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp