FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

米GDPなど受けてドル高も、パウエル理事優勢報道で反転

※忙しい人のサマリー
米GDPなど受けてドル高も、パウエル理事優勢報道で反転

ポンドは調整売り進む、木曜日の会合前に神経質

ユーロは軟調地合い継続
-+---+--+---+---+---+---+---+---+--+--
【東京市場】ドル円114円台しっかり

 ドル円は114円台に乗せてしっかりの展開。前日からのドル高円安基調が継続。
 米国の利上げ期待が継続、下院での予算決議案通貨を受けて、税制改革への期待が広がったことも、ドル買いに。
 日経平均が1996年7月10日以来の22000円台に乗せるなど株高の動きが広がったこともドル高円安を誘った。
 週末超えのポジションへの警戒もあり、114円台からの買いには慎重な姿勢も見られたが、下値はしっかり。

 豪ドルは売りがさらに強まった。ジョイス副首相に関する二重国籍問題での議員資格の判断で、豪裁判所が憲法規定違反で資格はないと判断し、辞任が決まった。これを受けて豪政権は下院で過半数割れが決定し、今後の政策不透明感が強まった。

【ロンドン市場】ドル円はもみ合い、ポンド売り目立つ

 ドル円は朝方114円30銭台を付けたものの、その後114円を割り込む場面が見られるなど、もみあいに。
高値警戒感から114円超えでの買いに慎重な姿勢も見られた。

 目立ったのはポンド売り。前日のユーロポンドを中心としたポンド害の動きに対する調整が見られ、対ドルで1.30台に。ドル円の下げもあって、対円では150円近辺から149円近辺まで。

 ユーロ安の流れは継続。緩和姿勢維持が中期的な重石となっている。

【NY市GDP好結果でドル買いも、一転して売りが入る

 米第3四半期GDPが予想を上回ったこともあり、いったんドル買いが優勢に。
ドル円は東京、ロンドンの高値を超えて114円45銭近辺まで上値を伸ばした。
しかし、その後一転してドル売りが優勢に。

 トランプ大統領が次期FRB議長としてパウエルFRB理事の指名に傾いているとの報道がきっかけ。
FRB理事の中では比較的中立派でハト派ではないパウエル理事であるが
もう一人の有力候補テイラー教授がかなりのタカ派と意識されている分
パウエル理事指名ではドル売りになるとみられており、今回の観測記事でも売りが出る格好に。
ドル円は一転して113円60銭台、その後の戻りも鈍く、ドル高一服。

 ユーロドルが一時1.15台を付けるなどユーロ安の動きは継続。
ECBの緩和姿勢が依然重石となっている。

【本日の見通し】次期FRB議長人事に神経質に

 今週は9年超ぶりの利上げが期待される英中銀金融政策会合をはじめ、FOMC,日銀会合と
金融政策会合が相次ぐ重要な週となっている。
 もっとも、序盤の注目は次期FRB議長人事となりそう。
イエレン議長の続投はまずないという見方が広がっており
パウエル理事とテイラー・スタンフォード大学教授の2名に候補が絞られている。
ともに金融規制緩和には前向きで、株式市場にはプラス材料。
政策金利へのスタンスは大きく違い、テイラー教授はタカ派、パウエル理事は中立派も
イエレン議長路線の踏襲という流れでみられている。
テイラールールにのっとると均衡金利は3%を超えるだけに、
テイラー教授が議長となった場合のインパクトは大きくドル買いに。
パウエル理事は本来ドル売り材料ではないが、テイラー教授との対比として
一旦は売りが入らざるを得ないか。
テイラー教授決定だと114円台回復からの上を期待。
パウエル理事で113円割れも意識といったところ。

 ポンドは英中銀金融政策会合まではやや動きにくそうだが、
利上げ期待もあり、基調はしっかりに。

【本日の戦略】一旦押し目買いか

 調整の動きが入りそう。
パウエル理事の議長就任がリスクも、下がったところは買いに回りたい。
そもそも金融規制改革に積極的なパウエル理事は中期的なドル売り材料ではなく、
下がったところでは買いが出そう。  

 ユーロは当面下方向が続く可能性が高い。
ユーロドルでのドル買いもドル円の下値を支えてくるか。

 113円台前半からの買い下がりを意識。
デイトレはもう少し早めに買いからの回転。
次期FRB議長人事報道がどこで入るかわからないため、ストップをしっかりと。  

※山岡和雅個人の見解です
為替や、その他いかなる商品について売買を推奨するものではございません

山岡和雅(やまおか・かずまさ)

山岡和雅(やまおか・かずまさ)

1992年チェースマンハッタン銀行入行
1994年ロイヤルバンクオブスコットランド銀行
(旧ナショナルウェストミンスター銀行)移籍
10年以上インターバンクディーラーとして活躍した後にGCIグループに参画。
2016年3月より株式会社みんかぶマガジン社・FX情報配信部門 部長兼 編集長
(社)日本証券アナリスト協会検定会員
主な著書として「外為投資ネットでらくらく儲かる方法」(すばる舎)
はじめての人のFX(外国為替証拠金取引)基礎知識&儲けのルール」(すばる舎)がある

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp