FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

北朝鮮リスクを意識し、軟調地合い

※忙しい人のサマリー
北朝鮮リスクを意識し、軟調地合い

ドル全面安で豪ドルは0.80乗せの場面も
経常収支は弱めも、貿易統計が強く豪ドル買い
金利は予想通りの据え置き
-+---+--+---+---+---+---+---+---+--+--


【東京市場】北朝鮮リスク

 月曜日北米市場が休場となった後を受けて始まった火曜日の東京市場。ドル円は109円台後半で始まり、一時109円84銭近辺まで上値を伸ばす展開が見られた。しかし、北朝鮮が9日の建国記念日を前にICBMの発射準備を行うとの報道が入り、リスク警戒感から一気に円高に。109円20銭台まで急速に値を落とした後、安値圏でもみ合いとなり、109円21銭と、月曜日の安値を割り込む場面まで見られた。

 その他動きが目立ったのが豪ドル。10時半に発表された第2四半期経常収支は、赤字額が予想を上回る弱めになったものの、構成項目の中で注目度が高い純輸出(輸出-輸入)が予想外に黒字となり、豪ドル買いに。0.7950近辺で発表を迎えた後0.7985近辺を付ける動きに。その後13時半の金融政策理事会結果発表を前にいったん値を戻し、0.7960近辺で発表を受けると、声明での豪ドル高牽制に0.7950割れを付けるなど、いったん売りが入る場面も。

【ロンドン市場】もみあい

 ドル円は109円台前半を中心にもみ合い。
一時109.55近辺まで回復も続かず。

 ユーロドルも1.19を挟んでの振幅。
独やユーロ圏の非製造業PMIがやや弱かったこともあり、
一時1.18台に値を落とすなど、ドル円同様にドルの買い戻し優勢も
動きが続かず1.19台へ。

 ECB理事会でのテーパリング議論への期待感などが
ユーロを押し上げる格好に。
北朝鮮リスクも、影響が小さい欧州通貨買いにつながっている。

【NY市場】ドル売り広がる

 ドル売りの動きが強まった。

 月曜日の休場上げとなった北米市場。
週末の核実験、火曜日のICBM発射準備などを嫌気して
ドル売りの動きに。
ブレイナード理事は相変わらずのハト派発言、
新味はないが、ドル売り基調で売り安心感を与えた面も。

 ドル円は108円台に値を落とす展開に。

【本日の見通し】ドル売り円高継続を意識

北朝鮮問題が意識されており、リスク警戒感が強い展開が続きそう。
 ドル円は108円台へ値を落としている。この流れが当面は継続。頭の重い展開が予想される。
 108円台前半はまだ買い意欲が残っており、一気に値を崩すことは難しいと思われるが、戻りは鈍い。
 GDPとの関係が強い耐久財受注が弱めに出たこともドル売りに拍車。
 
 明日のECB理事会を前に、ユーロは慎重な動きに。
 テーパリングの議論が始まると期待されているが、今回で結論は出てこないとの見方が広がっており、影響は限定的と予想されている。ただ、会見などで前向き姿勢が示されると、ユーロ買いが入りやすいこと、ドル全面安で代替通貨であるユーロが買われやすいことなどから、上方向の意識が続いている。

 節目の0.80に一時乗せた豪ドルは10時半の豪GDPが注目。先月30日に発表された第2四半期建設工事完了推定額が過去最大の伸び、昨日発表された第2四半期の純輸出が予想外の黒字と、かなり好結果が続く豪指標を受けて、強めの数字も期待される。この場合、豪ドルの買い材料に。

【本日の戦略】戻り売り

 週末の北朝鮮建国記念日までは緊張感が続き
ドル円は買いにくい展開に。
109円近辺での売りを意識したいところ。
デイトレはもっと早めに売りに回り回転。
戻りが相当鈍い印象に。

※山岡和雅個人の見解です
為替や、その他いかなる商品について売買を推奨するものではございません

山岡和雅(やまおか・かずまさ)

山岡和雅(やまおか・かずまさ)

1992年チェースマンハッタン銀行入行
1994年ロイヤルバンクオブスコットランド銀行
(旧ナショナルウェストミンスター銀行)移籍
10年以上インターバンクディーラーとして活躍した後にGCIグループに参画。
2016年3月より株式会社みんかぶマガジン社・FX情報配信部門 部長兼 編集長
(社)日本証券アナリスト協会検定会員
主な著書として「外為投資ネットでらくらく儲かる方法」(すばる舎)
はじめての人のFX(外国為替証拠金取引)基礎知識&儲けのルール」(すばる舎)がある

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp