FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

とれんど捕物帳 トランプ大統領のおかげで市場も鈍感力を身につけたのか!

配信日時
2018年7月14日(土)08:45:00
掲載日時
2018年7月14日(土)08:55:00

 今週はドル買いが優勢となり、ドル円は上げを加速させている。ポイントとなっていた5月高値111.40円を完全突破し、一時112円台後半まで上昇している。米中貿易戦争のほうは一向に出口が見えず、トランプ大統領は2000億ドル相当の追加の対中関税リストを公表した。それに対して中国も報復の意思を示している。輸入量では米国には及ばないことから、同規模の報復関税を課すことができず、今度は企業のM&A承認の遅延など他の方法で対抗することを検討しているとも伝わっていた。

 米企業どうしのM&Aでも、中国で営業する場合は中国当局の承認が必要。こういったケースは通常の国では法的に審査を行なうのだが、中国の場合は共産党の考え一つで決まるのであろう。対抗力の強さは別にして、輸入物価に影響を与えることなくある意味、関税賦課よりは柔軟なのかもしれない。もっとも、米国で活動している中国企業のほうが圧倒的に多そうなので、米国も類似の制裁をしてきた場合は、米国のほうが有利のような気もする。

 注目は市場の反応であろう。生き馬の目を抜く金融市場も、トランプ大統領の登場で、鈍感力でも身につけたのであろうか、ニュースが伝わった直後は敏感に反応するものの、直ぐに落ち着きを取り戻している。出口が見えず、長丁場の気配もあり、且つ、影響の度合いも未知数。ここは一旦やり過ごそうという雰囲気になっているのかもしれない。

 為替市場はドル高の反応を強めている。保護主義的な動きではあるものの、その場合のシナリオはドル高との見方も増えつつあるようだ。米経済よりも回復が鈍い他国の経済のほうが影響が大きいと見ているようだ。ユーロ圏は貿易問題でトランプ大統領からの圧力を受け、英国はEU離脱交渉絡みの政治リスクが高まっている。資源国通貨は商品市場で原油が急落しているほか、貿易戦争の圧力も受けている。円は相変わらず出口戦略が見えない。

 そのような中、足元の米ファンダメンタルズは好調で、FRBの利上げ姿勢に変化の兆しはない。今後も更に米国と各国との金融政策の格差拡大が見込まれる中、とりあえず市場はドルを選択しているのかもしれない。

 ドル円は112円台後半まで上昇し、1月につけた年初来高値113.40円を視野に入れている。今週は5日続伸となったが、さすがに過熱感は否めない。過熱感を示すテクニカル指標であるRSIは変われ過ぎの70を上回っている。そろそろ逆張りで売り上がって行こうという投資家もいるのかもしれないが、今回は1ヵ月以上のレンジ相場を経ての上抜けなので、売り上がる場合は慎重に望んだほうが得策かもしれない。

 さて来週だが、パウエルFRB議長の議会証言など重要イベントも予定されているが、ドル円に関しては米企業決算を受けた米株式市場の反応に注目したい。S&P500株価指数採用銘柄ベースで20%超の増益が見込まれており、決算自体は悪くはないであろう。ここ数日の動きにサマーラリーを期待する声も出ている。ただ、企業が示す見通しの中で、貿易問題の影響をどの程度考慮してくるか注目したい。過度にネガティブでないことを期待したい。ドル円は過熱感も高まっており、調整が入る可能性もあるものの、1月につけた年初来高値113.40円を試す動きも期待される。

 想定レンジとしては、111.50~113.50円を想定。スタンスは「やや強気」から「強気」に変更する。

()は前週
◆ドル円(USD/JPY) 
中期 上げトレンド継続
短期 ↑↑(↑)

◆ユーロ円(EUR/JPY)
中期 中立継続
短期 ↑↑↑(↑↑)

◆ポンド円(GBP/JPY)
中期 中立継続
短期 ↑↑(→)

◆豪ドル円(AUD/JPY)
中期 下げトレンド継続
短期 ↑↑↑(↓)

◆ユーロドル(EUR/USD)
中期 下げトレンド継続
短期 ↑↑(→)

◆ポンドドル(GBP/USD)
中期 下げトレンド継続
短期 ↑(↓↓)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
しばらく配信をお休みさせて頂きます。次回は8月4日(土)の午前を予定しています。ご了承ください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

minkabu PRESS編集部 野沢卓美

過去記事カレンダー

2018年1月2月3月4月5月6月7月     
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ