FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

イタリア政局がユーロ圧迫 一方で原油高がいずれサポートとの見方も=NY為替チェック

配信日時
2018年5月17日(木)00:54:00
掲載日時
2018年5月17日(木)01:04:00

 ユーロドルは1.1780ドル近辺で推移している。NY時間に入って下げ渋る動きも見せ、きのうまで強いサポートとなっていた1.1820ドル付近まで戻す場面も見られたが、戻りを抑えられている。今度はレジスタンスに変化している模様。

 きょうはロンドン時間から売りが強まり、1.1765ドル付近まで下げ幅を拡大している。目先は12月安値の1.17ドル台前半も視野に入れそうな気配だ。

 イタリアで「五つ星運動」と「同盟」のポピュリスト政党による連立政権が誕生しそうな気配で、90%まで合意できているという。経済分野の合意にはユーロ離脱のメカニズムの検証や、2500億ユーロの債務免除をECBに求めることも含まれているとされており、きょうのイタリア国債は下落していた。実現性は懐疑的なものの、それらのニュースもユーロを圧迫していたようだ。

 ユーロドルに対する悲観的な見方も出る中、原油価格の上昇が今後、消費者物価指数(HICP)の全体指数を押し上げることが見込まれ、ECBが反応を示す可能性も指摘されている。市場はまだその辺を織り込んでおらず、近いうちに上昇に転じるのではとの見方も一方であるようだ。

EUR/USD 1.1784 EUR/JPY 129.86 EUR/GBP 0.8744

minkabu PRESS編集部 野沢卓美

過去記事カレンダー

2018年1月2月3月4月5月       
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ