FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

ドル円は買いが続く 米10年債利回りが3%の大台に上昇=NY為替概況

配信日時
2018年4月26日(木)06:01:00
掲載日時
2018年4月26日(木)06:11:00

 きょうもNY為替市場はドル買いが優勢となった。米10年債利回りが2014年1月以来の3%の大台に上昇しており、ドル買いを誘発している。ドル円も買いが続いており109.45円近辺まで上昇。朝方にダウ平均は一時200ドル超下落する場面が見られたものの、109円台はしっかりと維持された。

 ただ、ここから大きな心理的節目の110円までは抵抗も強そうだ。月初に発表になった日銀短観では、2018年度の大企業・製造業の想定為替レートは109.66円となっており、ここから先は本邦勢の実需売りオーダーも出そうな気配もありそうだ。

 さすがに足元の過熱感も否めない。過熱感を示すテクニカル指標であるRSIは買われ過ぎの70の水準を上回って来ている。10日線からの上方かい離も拡大しており、テクニカル的には冷や水が欲しいところではある。

 一方、ユーロドルは売りが続き1.21ドル台に下落。目先は3月1日安値1.2155ドルが意識される。明日はECB理事会が予定されているが、政策変更は何もないことが確実視されている。ドラギ総裁の会見が手掛かりとなりそうだが、PMIなど第1四半期の指標が弱かったことから、ECBは動向を見極めるため、量的緩和(QE)終了の時期などの言及を当初よりも先延ばしにするのではとの観測も出ている。

 方向感に変化はないと思われるが、何らかのヒントがドラギ総裁の会見で出るか注目される。いずれにしろ、明日の理事会はユーロ高を誘発する可能性は低いと見られているようだ。

 ポンドも軟調。ただ、ポンド円は3日続伸しており152円台半ばまで上昇。米国債とともに英国債の利回りも上昇し、日本国債との利回り格差がポンド円をサポートしている。まだ距離はあるが、目先は4月13日につけた直近高値153.85円が意識される状況。

 英政府内から、アイルランドとの国境問題はEU離脱後も解決策を見出せないのではとの発言も流れていた。EU離脱に関しては、関税同盟への残留も含めてまだ不透明な部分も多い。5月利上げの確率に関しては57%程度で推移している状況で、こちらも見方が定まらず混沌として来ている。

minkabu PRESS編集部 野沢卓美

過去記事カレンダー

2018年1月2月3月4月5月6月7月8月    
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ