FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

カナダドルは原油下落で売り優勢 米生産増への不安も=NY為替チェック

配信日時
2018年3月9日(金)01:43:00
掲載日時
2018年3月9日(金)01:53:00

 きょうもカナダドルは売りが優勢となっており、ドルカナダは1.29ドル台半ばまで上昇し、カナダ円は81円台に下落している。前日はカナダ中銀の声明が慎重姿勢を強調していたことから、カナダドルは売りが優勢となり、ドルカナダは1.30ドルまで上昇する場面も見られていた。しかし、その後はカナダドルも買い戻しが入り、下げを取り戻す動きも見られている。

 きょうはドル高の流れもあるが、原油相場に売りが強まっており、心理的節目の60ドルを試す動きも見られている中、カナダドルも売りが優勢となっている模様。

 原油については、需要見通しは好調なものの、その分、生産も拡大している模様で、前日の米週間在庫統計では原油在庫が増加していた。

 リグの稼動数も増加しており、先週末発表された最新の指標では、米国内の原油のリグ稼動数は800基となっており、2015年以来の水準まで増加している。

 このところの原油価格上昇で米国内でのシェールオイルの生産が増加しており、それが需給を緩和させ価格をだぶつかせるのではとの不安も出ているのかもしれない。

USD/CAD 1.2949 CAD/JPY 81.94

minkabu PRESS編集部 野沢卓美

過去記事カレンダー

2018年1月2月3月4月5月6月      
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ