FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

みんかぶFXとの統合のお知らせ

平素はKlugFXをご利用いただきありがとうございます。KlugFXは12月8日をもって、みんかぶFX(https://fx.minkabu.jp/)と統合いたします。KlugFXをご利用いただいているユーザーの皆様には、みんかぶFXをご利用くださいますようお願い申し上げます。

株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド

とれんど捕物帳 パラダイムシフト時は仕方がないが、少し行き過ぎか

配信日時
2018年2月24日(土)08:50:00
掲載日時
2018年2月24日(土)09:00:00

 市場がインフレ警戒を高める中、今月に入って株が急落し、米国債利回りは急上昇している。株は落ち着きを取り戻しつつあるようだが何か上値が重く、不安定な訳の分からない相場展開が続いている。更に訳を分からなくしているのがドルだが、どうしたら良いのやらとため息をつきたくなる投資家も少なくないであろう。金融政策の大きなパラダイムシフトが想定される中、金利、為替、株のトライアングルに少し乱れが出ているのであろう。こういう時は意外に原油が真実を語っているのかもしれない。静かに着々と戻している。

 更に話を複雑にするかもしれないが、米国債のイールドカーブが妙な動きをしている。2-10年債の利回り格差を元に話を進めるが、2年債は政策金利に敏感、10年債はインフレに敏感と捉えてほしい。今月の米雇用統計や米消費者物価指数(CPI)をきっかけに市場はインフレ警戒を高め、米10年債利回りは急上昇し株は急落した。その時に利回り格差は拡大し、イールドカーブはスティープ化した。ただ、株安が一旦落ち着くと今度は、利回り格差が縮小しフラット化している。

 通常、株安など景気の先行き期待が後退するときはフラット化、期待が高まるときはスティープ化するというのが原則。基本的にはスティープ化しているときにはドル高、フラット化している時にはドル安の傾向が見られることが多い。ドル円もそれに沿った動きをするのだが、今年に入って逆の傾向が見られている。これは為替には相手国があるということだ。基本的に為替相場は相手国との相対的な優劣で決まる。優劣とは景気の強弱や金利差だけではない。期待感もある。これまで再三述べてきたように、出口戦略の余力への期待感がそうさせているのかもしれない。

 金利上昇期待が強まる中でフラット化するということは、インフレ期待以上に利上げ期待が大きくなったということなのかもしれない。今週のFOMC議事録通過の反応はそうだった可能性もある。議事録自体は追加利上げの可能性を示唆していたものの、慎重さも示されており、少なくとも利上げペースを速めるような内容ではなかったと思われる。恐らく過剰反応であろう。実際、今週のFOMCメンバーの発言を見ると、慎重さを滲ませていたように思われる。

 個人的にはパウエル新体制のFRBは慎重姿勢を滲ませながら正常化すると考えている。FRBが急いでインフレファイターに変身しても、あまり米経済にメリットはない。ある程度、インフレ期待の高まりを許容しながら、足元の指標にインフレの兆候が出て始めて行動するというスタンスなのではと考えている。来週はパウエル議長初の議会証言が予定されており注目される。

 米10年債利回りは大台の3%に迫っているが、金融政策の大きなパラダイムシフト時はこんなものなのかもしれない。足元からは少し行き過ぎと見ている。3%台には乗せる可能性はありそうだが、そこから先は注意してみたほうが良いかもしれない。

 さて来週だが、ぎくしゃくしたハーキー・ジャーキーな動きは続きそうだが、上記の動きに少し修正が入るものと見る。ただし、このときのドル円の動きが見えないのだが、上下に振れる程度で方向感が出ないと想定する。スタンスは「中立」で変わらずとし、想定レンジは105.00~107.50円を想定。

()は前週
◆ドル円(USD/JPY) 
中期 下げトレンド継続
短期 ↓↓↓(↓)

◆ユーロ円(EUR/JPY)
中期 中立から下へトレンド変化
短期 ↓↓↓(↓↓)

◆ポンド円(GBP/JPY)
中期 中立から下へトレンド変化
短期 ↓↓↓(↓↓)

◆豪ドル円(AUD/JPY)
中期 下げトレンド継続
短期 ↓↓↓(↓↓)

◆ユーロドル(EUR/USD)
中期 上げトレンド継続
短期 →(↓↓)

◆ポンドドル(GBP/USD)
中期 上げトレンド継続
短期 →(↓↓)

minkabu PRESS編集部 野沢卓美

過去記事カレンダー

2018年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ