FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

【来週の注目材料】平均時給の動向が利上げ期待に<米雇用統計>

配信日時
2017年12月30日(土)17:00:00
掲載日時
2017年12月30日(土)17:10:00

 早いもので月曜日から2018年がスタート。1月5日には新年最初の米雇用統計が発表されます。
 ハリケーンの影響で9月が弱く、10月が強めに振れた雇用統計、その影響がなくなった11月は非農業部門雇用者数が22.8万人増と、予想及び節目となる20万人を超える好結果を記録しました。

 インフレ動向への影響もあり、このところ非農業部門雇用者数以上に注目を集める平均時給は前月比+0.2%、前年比+2.5%と予想の同+0.3%、+2.7%には届かず。
 賃金の伸びが鈍いという、FOMCでハト派的な立場をとるメンバーの懸念通りの状況が残りました。

 そうした中、今回ですが非農業部門雇用者数の予想は+18.5万人と11月からやや鈍化。
節目の20万人にも届いていません。とはいえ、直近3か月平均で20万人超えとなり、まずまずという印象。
 平均時給は前月比+0.3%、前年比+2.5%と前月比で少し改善の見込みとなっており、予想通りの数字が出ると、総じて強いという印象です。

 2018年中に1~3回の利上げが期待されている米国。そのカギを握る一つ、雇用統計はどうなるでしょうか。

minkabu PRESS編集部 山岡和雅

過去記事カレンダー

2018年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月  
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ