FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

【これからの見通し】ドル円の下押しに警戒、日経平均下落時に反応大きく

配信日時
2017年11月9日(木)15:45:00
掲載日時
2017年11月9日(木)15:55:00

【これからの見通し】ドル円の下押しに警戒、日経平均下落時に反応大きく

 きょうの東京市場は波乱含みの展開だった。日経平均が一時450円超高となる活況を呈したが、ドル円相場は反応薄。114円を挟む取引に終始した。しかし、午後に入ってから日経平均が突然急落。下げに転じると一時390円安まで下落。上下800円ほどの大相場となった。これにはドル円は114円挟みの水準から一時113.44レベルまで下落の反応を示した。クロス円も同様に、午前の上昇分を消して前日比マイナス圏へと転じている。大引けにかけて日経平均は45円安まで買い戻されたが、円安方向への戻りは限定的。

 つまり、株高への感応度が鈍る一方で、株安には敏感な反応を示す格好となっている。このムードがこの後の海外市場にも波及するにかどうか、注意しておきたい値動き。

 このあとのイベント予定をみてみよう。経済指標では、ドイツ経常・貿易収支(9月)、南アフリカ製造業生産高(9月)、米新規失業保険申請件数(4日までの週)、米卸売在庫・確報値(9月)などが発表される。ECBとEUが経済見通しを公表する。

 発言関連では、メルシュECB理事、コンスタンシオECB副総裁をはじめとしたECB高官の講演が多い。また、政治日程では、英国とEUとの離脱交渉、米上院が税制改革案を公表する。

 米主要企業決算発表は、取引時間終了後にウォルトディズニー、エヌビディアなどが予定されている。

 一連のイベント予定では、政治関連が注目されそうだ。英閣僚の辞任に揺れるメイ政権だが、弱体化のイメージが広がるなかで、EU離脱交渉を有利に進められるのかは疑問が残る。ポンドにとっては売り圧力がかかりそうな材料。また、米国では上院で税制改革法案が公表される。下院では、段階的な法人税引き下げ報道がドル売りを誘ったが、今回の上院ではどのような内容となるのか注目される。

minkabu PRESS編集部 松木秀明

過去記事カレンダー

2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月 
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp