FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

パウエル人事はトランプ政権のドル安志向を確認?=NY為替チェック

配信日時
2017年11月4日(土)04:01:00
掲載日時
2017年11月4日(土)04:11:00

 NY時間の終盤に入ってドル円は114円台前半での推移となっている。この日発表の米雇用統計は予想を下回る内容り、朝方のドル円は113.65付近まで下落していた。しかし、ネガティブな反応は一時的で直ぐに上向きに転じている。

 この動きにロング勢も自信を高めたのか、買いの動きを強め一時114.45付近まで上昇。米株式市場でダウ平均がプラスに転じたこともフォローとなった模様。

 ただ、さすがに114.50水準の上値抵抗は根強い。市場では来年のFRBの利上げは4回との強気な見方も出だしているが、今年は何度も115円手前で落とされているだけに慎重なようだ。

 きのう、トランプ大統領は次期FRB議長にパウエル氏を指名する人事を発表した。対抗馬はテイラー氏だったが、今回の人選の要因として、テイラー氏であれば、金利上昇が強まることが予想されドル高も誘発する。パウエル氏であれば一番無難とも噂されている。

 今回の人選から見てもトランプ政権は低金利、ドル安を志向が強いことが確認できたとも言えるのかもしれない。

USD/JPY 114.13

minkabu PRESS編集部 野沢卓美

過去記事カレンダー

2018年1月           
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ