FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

【これからの見通し】東京休場で欧州勢の動向に注目、ポンド高継続か

配信日時
2017年9月18日(月)15:45:00
掲載日時
2017年9月18日(月)15:55:00

【これからの見通し】東京休場で欧州勢の動向に注目、ポンド高継続か

 週明けのマーケットは東京市場が敬老の日の祝日で休場となっており、参加者が限定的になっている。本格始動はこのあとの欧州・ロンドン勢の参入後となる。足元のマーケットは前週末の流れを受けてドル円、クロス円がともに堅調。値幅は限定的ではあるが、ドル円が111円台乗せ、ユーロ円は132円台後半、ポンド円は151円挟みなどいずれも高値水準を維持している。

 先週末の米株式市場では、ダウ平均が4営業日連続の最高値更新に沸いた。S&P500指数は金曜日に初めて2500ポイント台に乗せて引けた。北朝鮮は引き続き核実験やミサイル発射など挑発行為を続けるとしており、また、米国では「マリア」など続々とハリケーンが本国に接近する予報もでているが、市場の反応は鈍い。今週の米FOMCでのバランスシート縮小の観測は行き渡っており、12月利上げ観測が高まってきているものの、急進的な利上げペースはみこまれていない。株式市場にとっては程よい状況となっているようだ。

 きょうは、先週最も上昇が勢い付いたポンド相場の動向が注目される。英MPC会合でのタカ派見通しに続いて、ハト派とみられているブリハ委員も利上げに積極的な見方を示しており、ポンド相場が急伸した経緯がある。きょうは日本時間夜半にカーニー英中銀総裁の講演が予定されており、早期の利上げ観測が示されるのかどうかを確認したいところ。ポンド円は151円近辺、ポンドドルは1.35台後半と先週来の高値圏を維持している。

 経済指標発表は、ユーロ圏消費者物価指数・確報値(8月)、対米証券投資(7月)など少なめ。ユーロドルは1.20台がやや重くなっており、対円ではユーロ高傾向を示しつつも、対ポンドでは上昇トレンドが崩れている。消費者物価の結果次第では再びユーロ自体の流れが出てくる可能性もあるがどうか。
 
みんかぶ「KlugFX」 松木秀明

過去記事カレンダー

2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp