FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

【これからの見通し】上値に売りもドル買いに期待感

配信日時
2017年9月12日(火)15:45:00
掲載日時
2017年9月12日(火)15:55:00

 東京市場では主要通貨が軒並みの小動きに終始し、落ち着いた展開となっている。先週ドル売り円買いを誘った北朝鮮リスクが後退、ハリケーンイルマが熱帯低気圧に変化するなど、被害拡大のリスクも後退し、ドル円の買戻しが優勢な展開に。もっとも、北朝鮮リスクに関してはまだ消え去ったわけではなく、上値追いには慎重な姿勢が見られている。

 当面はこうした展開が続く可能性があるが、先週大きな懸念材料であった債務上限の引き上げを含む12月までの暫定予算が成立したことで、目先の米懸念が後退しており、北朝鮮リスクが収まると、ドル高円安の基調に復する可能性は十分にありそう。依然として109円台半ばからのドル売り意欲が残っているが、このまま109円台前半でしっかりの推移が続くと、どこかのタイミングで上値を試しに行く可能性は高そう。

 その他動きが期待されるのがポンド。17時半に8月の米物価統計が発表される。もっとも注目される消費者物価指数(CPI)は前年比+2.8%、同コア前年比+2.5%といずれも7月を上回る強めの結果に。CPIのターゲットは2%であり、許容上限の3%にはまだ余裕があるものの、利上げへの圧力は強まっている状況。木曜日の英中銀金融政策会合(MPC)を前に、予想通りもしくはそれ以上の好結果が出てくるようだと、いったんポンド買いの動きが入る可能性も。対ドルで1.32台にしっかり乗せてくると、もう一段の上昇も。

みんかぶ「KlugFX」山岡

過去記事カレンダー

2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月 
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp