FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

〜日本の資産運用は遅れている??〜 「昔の常識は今の非常識!資産運用の新しいカタチを考える」

「金利を生まない」金が今注目を集める理由

金相場が昨年12月の安値から今年に入って大きく上昇してきています。すでに3月中旬の段階で安値からは20%も上昇しており、昨年末から下落していた欧米や日本の株式市場とは逆相関の関係となっています。

金相場に連動するETFが上場

金相場はそれに見合う現物の金投資ということになりますが、現在は金相場の動きに連動した上場投資信託が存在しており、現在は5つの金ETFが上場しています。その中でも人気が高く出来高が多いのがSPDR・ゴールドシェア <1326> であり、これは世界最大規模の金ETFとなります。世界最大級の資産を持ち、出来高も多く、さらにHSBCで裏付けのための金地金を現物で保有しています。

さらにもう一つの人気金ETFに純金上場信託 <1540> があります。これは実際に金地金の実物と交換できるETFであり、三菱UFJ信託銀行が実物の金を国内に保管し、その受益権を上場するという新しいコンセプトの金ETFです。実際は1㎏から金と交換が出来ます。さらに3つの金ETFがありますが、現状では上述の2つの金ETFが出来高も多く、売買も容易です。

金相場の動きと今後の見通し

それでは今後の金相場はどのように推移していくでしょうか。金相場は2000年以降長期の上昇トレンドに入っており、2011年9月に2000ドル直前まで上昇した後、数年をかけて調整局面入りして、昨年末近くに1000ドル近くまで下落した後、現在ようやくリバウンドが始まったと見てよいのではないでしょうか。

金相場は株価指数などとは違い、実際の金地金の動きそのものであり、貴金属としての商品のひとつでもあります。そのため世界全体の保有量、また産出量などは限られていることから、需給によって大きく相場は変化します。しかし超長期トレンドで見ると、2011年に一旦高値を付けて以降4年以上をかけて調整した後、ようやく今年に入ってから再び2000ドルに向かって長い上昇トレンドを形成し始めているようにも見えます。

もともと金は、金利が付く商品ではなく実物商品ですが、その希少価値と過去において先進国は金本位制を取っていたこともあり、各国の中央銀行は通貨との交換のために金を一定の割合で保有していました。しかし、1990年代から中央銀行は金は「金利を生まない」との理由から、保有していた金を売り続けたのです。

ここ数年は低金利が続いていることや、将来のインフレ期待を見越して再び各国の中央銀行、特に新興国の中央銀行は金保有を増やしてきているようです。

マイナス金利で「金利を生まない」金が注目される

金はもともと戦争やインフレ時に価格が上昇します。欧州や日本ではマイナス金利導入で、逆に「金利を生まない」金が見直されており、不安定な国際情勢や金融市場の混乱などの不透明要因が増す中で、金の需要も増してきているといえるでしょう。

今月に入って、世界最大の運用会社であるブラックロックが、同社の上場投信である「iシェアーズ・ゴールド・トラスト」の新規設定を一時停止しました。このように世界の投資家は金保有に再び興味を示しており、今後も金相場は長期で上昇して行く可能性が強いのではないでしょうか。

金ETF運用についての注意点について

しかし、上述したように金相場は今年に入ってからすでに短期間で20%も上昇してきており、今後米国で長期金利が再び上昇に向かい始めると金相場はそれに逆相関の動きをすることが予想されます。

また国内金相場は円建て表示となっており、円安に向かうと有利だが、円高に向かうと不利になる公算が高い。したがって、ロンドン金相場に連動しているSPDR・ゴールドシェア <1326> は、ドル建てであり為替相場の変動に関係がないため人気が高いです。

現在大手機関投資家でも、運用ポートフォリオに金現物や金ETFも株や債券と同じように入れており、一般的には総資産の5%前後の運用比率となっているようです。今から将来にわたり資産運用を考えている長期投資家には、この金ETF投資は外せない商品と言えそうです。

しかし、短期的な運用益を目指す投資家にとっては、この金ETF投資はあまり向いていないかもしれませn。

逆に現在の低インフレ下でマイナス金利が導入され、銀行預金をしても微々たる金利しかもらえないため、将来的にインフレが進行した場合のインフレヘッジや、または実物の金地金保有を考えている投資家にとっては、一回で大きな資金を投入して金ETFを購入するのではなく、毎月数万円で買えるだけ購入して長期にわたって購入を続けるドルコスト平均法のような運用が適しているとも言えそうです。

金投資は配当がないため敬遠する投資家も多いですが、逆にこのような低金利下では銀行預金しても預金金利は非常に小さく、10年国債の利札も0.1%であり、落札平均利回りはマイナスとなってしまった現状では、今後さらに金保有や金ETFに資金が向かうこともありえそうです。

銀行員だって言いたい「こんなお客様は勘弁してください」
東京五輪がREITに与える影響 REITに追い風?2020年東京五輪に向けて地価上昇

最新の〜日本の資産運用は遅れている??〜 「昔の常識は今の非常識!資産運用の新しいカタチを考える」

松木 秀明(とみた かずまさ)

冨田 和成(とみた かずまさ)

株式会社ZUU 代表取締役社長兼CEO
大学在学中にソーシャルマーケティングにて起業。2006年に一橋大学を卒業後、野村證券株式会社に入社。支店営業にて同年代のトップセールスや会社史上最年少記録を樹立し、最年少で本社の超富裕層向けプライベートバンク部門に異動。シンガポールへの駐在、欧米亜のビジネススクールで資産運用・管理や商品の組成を学ぶ。その後、タイへの駐在を経て、本店ウェルスマネジメント部で金融資産10億円以上の企業オーナー等への事業承継や資産運用・管理などのコンサルティングを担当。野村證券を退職後、㈱ZUUを設立。エグゼクティブ層向けに金融ポータルメディアZUU onlineや資産アドバイザー向け情報サイトZUU Advisors-Support-を運営している。
参考:ZUU online:http://zuuonline.com/

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp