FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

〜日本の資産運用は遅れている??〜 「昔の常識は今の非常識!資産運用の新しいカタチを考える」

原油価格上昇の兆しで債券投資家が痛手?

 6月5日、中東などの産油国12カ国でつくる石油輸出国機構(OPEC)は、ウィーンで総会を開き、12カ国合計の生産目標をいまの日量3千万バレルに据え置くことを決めました。

 原油の市場価格が緩やかながら回復基調にあるため、価格下支えを目した減産は必要ないとの意見が大勢を占めたからだと言われています。

 アメリカのシェールガス採掘ラッシュなどによる供給環境の急変により、昨年後半からたった半年ほどの間で半値近くまで急落したのは記憶に新しいです。原油価格に反転の兆しが見られるなか、債券投資家が大きな戦略変更を迫られています。

■原油価格反転による物価上昇

 今後の原油価格は、昨年前半までの1バレル100ドルを超すような極端な価格までには至っていませんが、上昇トレンドを描くだろうとの見方が多くなってきました。日本国内では円安と原油高のダブルパンチで、ガソリンを始めとする輸入品の価格はさらに高騰すると予想されています。

 原油価格の動向はほぼ全ての産業、そして我々の生活に直接影響を与えます。原油価格の上昇は物価上昇、インフレに結びきます。今年に入ってからは、日銀による異次元緩和をきっかけとした今回の円安局面によるコスト増を反映して、食品などの生活必需品の小売価格も値上げしつつあると指摘されています。

■債券利回りが上昇

 こうしたなか、原油価格の反転とともに、債券の利回りが上昇に転じてきました。原油価格は投機によって価格が上下することもありますが、基本的には需給要因によって左右されます。供給過多になれば価格は下落し、需要が逼迫すれば価格の上昇します。原油価格上昇が景気回復の流れとシンクロするとき、債券の利回りも上昇します。

 2015年1月20日、日本国債の長期金利は史上最低の0.195%を記録。ドイツ国債などの超低金利により、より安全資産とされる日本国債が相対的に買われ続けた結果、記録更新に一役買ったようです。ところがその後、長期金利は一気に反転し、0.4%台まで急上昇。その後は、0.4%台から0.5%台でもみ合う展開をみせています。

■債券投資戦略は苦戦

 2003年のVaRショック(債券暴落)と類似する金利上昇となったため、あの時の混乱を思い出した機関投資家も多かったのではないでしょうか。

 当時は、長期金利がそれまでの史上最低である0.4%をつけた後、いったん0.9%台まで急上昇。その後1か月の間にさらに1.4%台にまで跳ね上がりました。
 
 国債に投資していた国内の機関投資家の大半は、それまで多額の含み益を積み上げてきていたはずが一転、多額の含み損を抱えることとなったのです。
 
 その後、この含み損を解消するまで多くの時間を費やすことになりました。2003年ほどではないですが、金利急上昇で同じ轍を踏むわけにはいかないと多くの機関投資家が考えています。

 金利上昇局面では一般的に、債券投資は苦戦します。一方、インフレに強いとされる株式は値上がりすることとなり、債券に振り向けてきた資金がますます株式へと向けられることになります。それでも株式のリスクを許容できない場合には、インフレ局面でも一定の収益を確保できるとされる物価連動国債などへの投資という選択肢も考えられます。

 ところがこちらは、通常の国債に比してかなり流動性に劣るというデメリットがあり、売りたいときに売れない。こうしたリスクとも向き合わなければならないのが痛いところといえます。

 機関投資家は、今回の金利上昇局面を見越してポートフォリオに占める債券の割合をあらかじめ少しずつ落としてきたところも見られます。

 とはいえ、債券投資に向き合う限り、苦戦を強いられることに変わりはなく、売り時を巡る保有債券価格とマーケット価格のにらみ合い、さらには、買い時を巡る神経質なタイミングの駆け引きが当面続くことが予想されます。

【あわせてよみたい】
相場暴落?「株と債券の関係」がバブル時と酷似
三菱商事が発行する「ハイブリッド社債」ってどんな債券?

最新の〜日本の資産運用は遅れている??〜 「昔の常識は今の非常識!資産運用の新しいカタチを考える」

松木 秀明(とみた かずまさ)

冨田 和成(とみた かずまさ)

株式会社ZUU 代表取締役社長兼CEO
大学在学中にソーシャルマーケティングにて起業。2006年に一橋大学を卒業後、野村證券株式会社に入社。支店営業にて同年代のトップセールスや会社史上最年少記録を樹立し、最年少で本社の超富裕層向けプライベートバンク部門に異動。シンガポールへの駐在、欧米亜のビジネススクールで資産運用・管理や商品の組成を学ぶ。その後、タイへの駐在を経て、本店ウェルスマネジメント部で金融資産10億円以上の企業オーナー等への事業承継や資産運用・管理などのコンサルティングを担当。野村證券を退職後、㈱ZUUを設立。エグゼクティブ層向けに金融ポータルメディアZUU onlineや資産アドバイザー向け情報サイトZUU Advisors-Support-を運営している。
参考:ZUU online:http://zuuonline.com/

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp