FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

ダックビル為替研究所

【直前まとめ】BS縮小は確定的、12月利上げへの動きが焦点に~FOMC

昨日、本日と開催される米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表が
今晩日本時間21日午前3時に行われる。
バランスシートの正常化の開始はほぼ決定的と見られ
完全に織り込んでいる。
正常化の規模やスピード感に対する見通しにはブレがあるが
大きな相違が出るものではないと思われ
注目度はやや低い。

注目は今回は見送られるとみられる利上げについて
12月までの追加利上げが示唆されるのかどうか。

元々は年内3回の利上げが見込まれてきた今年のFOMC。
3月、6月と利上げが実施され、
当初は今回9月が最有力となっていたが、
物価の鈍化などを受けて期待が後退し、
今回は据え置きを完全に織り込む格好に。

もっとも6月のFOMCで示されたメンバーによる年末時点での金利見通しでは
16名のメンバー(今年投票権の無い地区連銀総裁も含んでいる)のうち
12名と、大多数が年内の追加利上げを見込んでいた。
今回は期間的なものもあり、前回よりも金利見通しを引き下げてくる参加者が多いと思われるが
どこまで下げてくるのか、
追加利上げがまだ大多数を占めるのかなどが注目材料に。

中立派と見られるダドリーNY連銀総裁がまだ利上げを見込んでいるように
大勢は追加利上げ派と予想されるが、
その場合、現状の金利市場でほぼ半々と見込まれている市場の予想が
利上げ優勢にシフトし、ドル買いが強まる可能性がある。

声明やイエレン議長会見での今後の利上げへの姿勢も含め
FOMCを受けての12月までの利上げ見通しが今回の大きなポイントとなりそう。

山岡和雅(やまおか・かずまさ)

山岡和雅(やまおか・かずまさ)

1992年チェースマンハッタン銀行入行
1994年ロイヤルバンクオブスコットランド銀行
(旧ナショナルウェストミンスター銀行)移籍
10年以上インターバンクディーラーとして活躍した後にGCIグループに参画。
2016年3月より株式会社みんかぶマガジン社・FX情報配信部門 部長兼 編集長
(社)日本証券アナリスト協会検定会員
主な著書として「外為投資ネットでらくらく儲かる方法」(すばる舎)
はじめての人のFX(外国為替証拠金取引)基礎知識&儲けのルール」(すばる舎)がある

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp