FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

ダックビル為替研究所

【直前特集】個人消費の回復を印象付けるか!?<米小売売上高>

 本日21時半に4月の米小売売上高が発表されます。

 先月28日に発表された米1-3月期GDPが前期比年率+0.7%と
昨年10-12月期の同+2.1%から一気に鈍化した主要因となったのが
GDP全体の約7割を占める個人消費の低迷でした。
GDPの中での個人消費部門は10-12月期の+3.5%から1-3月期には+0.3%まで鈍化しています。
 
 米国が来月の利上げを含む利上げ基調の継続と、
バランスシートの正常化に向けた動きを順調に進めるには
この個人消費の回復が必要。

 そうした意味で個人消費動向を直接表す小売売上高への注目度が高まっています。

 米国の小売売上高は2月、3月と二ヶ月連続での前月比マイナスを記録。
GDPにも表れている個人消費の低迷傾向を裏付ける結果となっています。

 もっとも、3月の弱い数字には米国東部を中心に寒波が襲ったという天候要因もあります。
あとは、1月から一貫して弱い自動車部門の弱さが継続したことも厳しい結果を呼びました。

 そうした中、今回は一気にプラス圏を回復し
前月比+0.6%が期待されています。
変動の激しい自動車部門を除いても+0.5%が見込まれています。

 3月の天候要素が排除されること、
ガソリン価格が3月と比べて上昇した分、二ヶ月続けてマイナスとなっているガソリンスタンド売上の回復が期待されることなどが
全体を押し上げて来そうです。
 
 今回の小売売上高の好結果で、個人消費の復調を印象づけられると、
今後の利上げ期待派さらに強まりドル高が広がる可能性も。

 なお、同時刻には4月の米消費者物価指数(CPI)も発表されます。こちらも要チェック。

山岡和雅(やまおか・かずまさ)

山岡和雅(やまおか・かずまさ)

1992年チェースマンハッタン銀行入行
1994年ロイヤルバンクオブスコットランド銀行
(旧ナショナルウェストミンスター銀行)移籍
10年以上インターバンクディーラーとして活躍した後にGCIグループに参画。
2016年3月より株式会社みんかぶマガジン社・FX情報配信部門 部長兼 編集長
(社)日本証券アナリスト協会検定会員
主な著書として「外為投資ネットでらくらく儲かる方法」(すばる舎)
はじめての人のFX(外国為替証拠金取引)基礎知識&儲けのルール」(すばる舎)がある

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp