FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

ダックビル為替研究所

極右政党が第一党となるか ~本日オランダ総選挙

本日オランダ下院(定員150人)で総選挙が行われます。
欧州はどこでもそうですが、与党勢力が相当厳しい戦いを強いられています。
与党のうち
首相ルッテ氏が率いる自由民主党(VVD)は、
現在の議席41に対して、最新世論調査では27程度まで減少の見込み。
ただ、なんとか第一党は死守しそうです。
より厳しいのは連立与党の一角、労働党(PvdA)。
現行の38議席が10議席前後まで落ち込むと見られています。

一方注目集めているのが極右勢力である自由党(PVV)
現行の15議席から20~24議席程度まで議席を伸ばすと予想されており、
状況次第ではVVDを上回って第一党に付く可能性もあります。

実際に第一党に付いたところで
過半数を抑えて政権を取るために連立を組む相手がいない(右派・左派ともに拒否姿勢です)ため
極右政権が誕生する可能性は低いですが、
心理的な意味でも、フランス大統領選への影響という意味でも
混乱を招きそうです。

その他勢力を伸ばしそうなのがフルンリンクス(緑の党・GL)や民主66(D66)
特にGLは現状の4議席から15-20議席に一気に党勢を強めると予想されており、
PVVを抑えて第2党に躍進する可能性も。
中道左派勢力であるD66も現行の12議席から15-20議席程度まで議席が増える可能性があり
こちらも第2党となる可能性があります。

第2党に躍進する可能性があるのは、
労働党の前に、第一次ルッテ政権で連立与党に入っていたキリスト教民主アピールも。
現状で13議席、第5番手勢力まで落ち込んでいる同党ですが
以前は政権を担っていた重要な党。
前回の大きな敗戦から回復傾向が見られ、19-23議席を獲得の見込みです。

こうなると難しいのは連立の行方。
現行の枠組みでは過半数の76議席どころか、
現在のVVDの41議席にも届かない状況。
GLやD66などの左派勢力にしても、
現状見通し程度では連立したところで過半数には届かず、
少数与党による不安定な政権運営となりそうです。
FOMC次第の面はありますが、
ユーロに売り材料が入る可能性は意識したいところです。

山岡和雅(やまおか・かずまさ)

山岡和雅(やまおか・かずまさ)

1992年チェースマンハッタン銀行入行
1994年ロイヤルバンクオブスコットランド銀行
(旧ナショナルウェストミンスター銀行)移籍
10年以上インターバンクディーラーとして活躍した後にGCIグループに参画。
2016年3月より株式会社みんかぶマガジン社・FX情報配信部門 部長兼 編集長
(社)日本証券アナリスト協会検定会員
主な著書として「外為投資ネットでらくらく儲かる方法」(すばる舎)
はじめての人のFX(外国為替証拠金取引)基礎知識&儲けのルール」(すばる舎)がある

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp