FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

ダックビル為替研究所

追加利下げが意識されるRBAも、1月は夏休み

 本日発表された豪州の第3四半期GDPは、予想の前期比年率-0.1%を大きく下回る-0.5%を記録しました。
第2四半期の+0.6%から大きな下落。
成長率がマイナスになるのは2011年第1四半期以来。落ち込み幅としては、リーマンショックの年である2008年以来です。
 
 企業投資の減少が目立つ展開で、新規建設が大きな落ち込みを見せました。
住宅投資についてもこれまでのRBA理事会などで都市部の過熱感が警戒されていましたが
今回のGDPではマイナスとなっており足を引っ張る格好に。
貿易に関しては輸出・輸入ともプラス圏でしたが、伸びが輸入の方が大きく、ネットではマイナスに。

 今回の状況は堅調と見られた豪州経済の弱さを意識され
当面は金利据え置きと見られた状況から
追加利下げの可能性を意識させるものとなっています。

 とはいえ、実は短期的に反応しすぎるのも考えものです。
昨日豪中銀(RBA)理事会で据え置きを発表済(当然今回のGDP結果は知っていたと思われます)。

 来月は夏休みでRBA理事会自体がありませんから、次回の会合は2月7日まで先になります。
その他指標などを確認しながらじっくりと状況の変化を待つといったところでしょうか。

山岡和雅(やまおか・かずまさ)

山岡和雅(やまおか・かずまさ)

1992年チェースマンハッタン銀行入行
1994年ロイヤルバンクオブスコットランド銀行
(旧ナショナルウェストミンスター銀行)移籍
10年以上インターバンクディーラーとして活躍した後にGCIグループに参画。
2016年3月より株式会社みんかぶマガジン社・FX情報配信部門 部長兼 編集長
(社)日本証券アナリスト協会検定会員
主な著書として「外為投資ネットでらくらく儲かる方法」(すばる舎)
はじめての人のFX(外国為替証拠金取引)基礎知識&儲けのルール」(すばる舎)がある

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp