FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

高野やすのりののりのりFX

欧米長期金利の上昇続き円売りも継続

昨日の海外時間には、再び独米長期金利が上昇したことと、米下院が税制改革法案を再可決したことから円売りが強まりました。

欧州時間、特段の新規材料はありませんでしたが円売りが優勢となって、ドル円は113.10円台まで、ユーロ円は134.10円台まで上昇しました。一方ユーロドルは1.1840付近を中心にもみ合いが続いていました。

NY時間にはいって、独米長期金利が上昇したことから、ユーロ買いと円売りが優勢となって、ユーロドルは1.1900付近まで、ユーロ円は134.70円台まで上昇しました。この間ドル円は113.30円台まで上昇したあと、113.10円付近まで小緩んでいます。しかし再び円売りが強まると、ドル円は113.30円台まで、ユーロ円は134.70円台まで上昇幅を拡大しました。

NY時間午後にはいると、欧州時間の引け際に独長期金利がやや反落したことからユーロドルは1.1870台まで、ユーロ円も134.40円台まで下落しました。その後米下院が上院が修正した税制改革法案を可決すると、米長期金利が一段高となってドル円は113.40円台まで上昇し、134.40円台まで反落していたユーロ円も134.70円台の高値を更新しました。

今日の海外時間には、米・12月フィラデルフィア連銀景況指数、米・第3四半期GDP/個人消費/GDP価格指数/コアPCE(確報値)、米・新規失業保険申請件数、米・11月景気先行指数の発表があります。

昨日は、スウェーデン中銀が予想通り資産買入れの停止が決定したこともあって、独長期金利が上昇ました。さらに米下院が税制改革法案を再可決してトランプ大統領に送付したことから米長期金利も今年3月以来となる2.50%まで上昇しました。各国長期金利の上昇で、日本国債利回りもやや上昇しているものの、日銀の長短金利差付き量的質的緩和が続いている日本の長期金利の上昇は他の国と比べると微々たるものとなっていて、内外長期金利差拡大にそって円安が進んでいます。今週はクリスマス前ということもあって、欧米の市場参加者が少ないことが値動きに拍車を掛けている可能性もありますが、上で紹介したような材料のある中、欧米の年度末を控えた債券ポジションの調整という側面もあることから、この動きが続く可能性があると考えられます。


公式Twitter つぶやき中!
⇒ https://twitter.com/takano_fxp

最新の高野やすのりののりのりFX

高野やすのり(たかの たすのり)

高野やすのり(たかの たすのり)

慶應義塾大学商学部卒。チェース・マンハッタン銀行(現J.P.モルガン・チェース銀行)、スイス・ユニオン銀行(現UBS銀行)、ファースト・シカゴ銀行(現J.P.モルガン・チェース銀行)などでインターバンクディーラー業務に従事。
20年以上に亘り、外国為替市場の第一線で活躍。 2004年より為替市場の中の様々な立場で長年培ってきた経験を生かし、インターネット上のコンテンツや、ラジオ、セミナーを通じて正しいFXの知識や、FXの魅力を広める為の活動を行う。
2009年2月からFXプライム株式会社勤務。現在、ラジオNIKKEI「夜のトレード酒場」、東京MXTV「マーケットワイド第2部」などに出演中。

現 FXプライム株式会社・チーフストラテジスト
NPO法人日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト
「みんなの外為」オフィシャル会員

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ