FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

小笠原誠治の経済ニュースに異議あり!

英国のEU離脱でリーマンショック級の危機が起こるとは思えない

 英国のEU離脱が確定的となりました。

 このような結果になると予想した向きは少なかったと思いますが、仮にEU離脱が決まった場合の為替や株価に与える影響はほぼ予想の範囲内だと思われます。

 それにしても、なんと主観を交えて予想を立てていた人の多かったことか!

 英国がEU離脱を決断すれば、先行きの不透明感が強まり、リスクオフの様相が強まる、と。

 そして、リスクオフの様相が強まれば、当然のことながら円高が進むであろうから、日本としては迷惑なことだと考える人が多いのは分かります。

 でも、仮にそれがそうだとしても、そもそもリスクオフで円高が進むのは、日本がマイナス金利まで導入して普段円キャリートレードを煽っているからでもあるのです。

 つまり、リスクオフになるとそうした円キャリートレードの巻戻しが起き...つまり円買いが起きるので円高になるのです。

 安倍政権は急激に進む円高と株価の下落にあたふたしているようにも見えますが、その原因は行き過ぎた金融緩和にあるのです。

 安倍総理は、それにも拘わらず、金融緩和、つまりアベノミクスをさらに加速させるとも言っているのです。

 どう考えてもおかしいアベノミクス!

 ただ、昨日も言いましたように、こうした円高の流れがいつまでも続くとは私は思いません。

 英国に倣ってEUを離脱する国が出てくると大変なことになると懸念する声もありますが、それはやや心配し過ぎではないのでしょうか。

 また、仮にそのような動きが出てきたところで、そう簡単にEUがなくなってしまうとはとても考えられないのです。

 私は、英国のEU離脱決定が与える影響は限定的だと見ています。


以上

最新の小笠原誠治の経済ニュースに異議あり!

小笠原誠治(おがさわら・せいじ)

小笠原誠治(おがさわら・せいじ)

1976年3月九州大学法学部卒。1976年4月北九州財務局(大蔵省)入局。
大蔵省国際金融局開発金融課課長補佐、財務総合政策研究所研修部長、
中国財務局理財部長などを歴任し、2004年6月退官。
以降、経済コラムニストとして活躍。
メールマガジン「経済ニュースゼミ」(無料版・有料版)を配信中。
著書に「マクロ経済学がよーくわかる本」(秀和システム)、
ミクロ経済学がよーくわかる本―市場経済の仕組み・動きが見えてくる」(秀和システム)、
経済指標の読み解き方がよーくわかる本」(秀和システム)がある。
企業・団体などを対象に、経済の状況を分かりやすく解説する講演も引き受ける。

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp