FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

小笠原誠治の経済ニュースに異議あり!

円安効果が全くなくなったアベノミクス

 日銀がじゃんじゃんお札を刷れば、忽ちデフレから脱却できると言っていた安倍総理とリフレ派の面々! 

 日本がデフレからながらく脱出できなかったのは、かつての日銀の考え方が間違っていたからだ、と激しく非難していました。

 そして、そうしたリフレ派の主張を実行するために、黒田氏が日銀総裁に就任し、異次元の緩和策が採用され、早や3年数カ月。アベノミクスがスタートしてからだと3年半。

 しかし、そんなに長い期間を経ても、日本はデフレからの脱却はできていないのです。

 それどころか、ひと頃は急激な円安をもたらしていたのに、今や再び円高が心配になってきているのです。

 麻生副総理は、アベノミクスがスタートした頃、欧米の中央銀行がバランスシートを拡大して大量にマネタリーベースを供給したことが超円高をもたらした原因であると主張していました。従って、日本も同じようなことをすれば円安になるのは当然だ、と言っていました。憶えているでしょうか?

 麻生副総理以外にも、日銀がマネーを大量に市場に放出すれば、必ずインフレと円安が実現できると豪語する人々がいたのです。

 では、何故今、ドル安円高になっているのでしょうか?

 米国は、既に量的緩和策を解除したどころか利上げを模索しており、そして、日本はと言えば、マイナス金利まで導入しているのに何故ドル高円安に向かわないのか?

 おかしいでしょう?

 でも、本当はおかしくないのです。

 というのも、為替相場は、二つの国のマネーストックの比率によって決まるものではなく、外為市場における需給関係によって決まるものだからです。

 そして、今外為市場では円に対する需要がドルに対する需要を上回っているから、ドル安円高の圧力がかかっているのです。

 では、何故円に対する需要が高まっているのか?

 というよりも、リスクオンの状態では先進国のなかで一番金利の低い通貨を用いて投資することが有利となるために円キャリートレードが活発に行われていたのが、状況が異なり、リスクオフの状態になった今、そうした円キャリートレードの巻戻しが起こっているからです。

 円を外貨に交換して投資をする際に、円売りが起きるので円安が進む。そして、その反対の動きが起きると、円高が進む、と。

 全くもって理に適ったことなのです。

 麻生副総理は、そのような事実を知らないのか、投機的な動きが激しいなんて言うのです。

 でも、投機的なんて如何に麻生副総理に言われようとも、英国のEU離脱が仮に決まったとして、その後どのような展開になるのか予想が付かないので、一時期円キャリートレードを巻戻しておこうとしているだけの話なのです。

 それのどこが投機的なのでしょう。

 いずれにしても、こうして日本は相変わらず市場にじゃんじゃんマネーを放出する政策を継続しているのに円高圧力が収まらないということは、そもそも安倍総理や麻生副総理や、その他リフレ派の人々が言っていたことが間違っていたということなのです。

 一般の方々に人気の高い池上さんなんかも、そのような間違った解説をしていたのです。

 安倍総理は後戻りはできないなんて言っていますが、このまま間違った政策を続けても何の展望も開けないのは明らかなのです。

 リフレ政策を主張してきた日銀の委員たちは責任を取って辞職すべきなのです。


以上

最新の小笠原誠治の経済ニュースに異議あり!

小笠原誠治(おがさわら・せいじ)

小笠原誠治(おがさわら・せいじ)

1976年3月九州大学法学部卒。1976年4月北九州財務局(大蔵省)入局。
大蔵省国際金融局開発金融課課長補佐、財務総合政策研究所研修部長、
中国財務局理財部長などを歴任し、2004年6月退官。
以降、経済コラムニストとして活躍。
メールマガジン「経済ニュースゼミ」(無料版・有料版)を配信中。
著書に「マクロ経済学がよーくわかる本」(秀和システム)、
ミクロ経済学がよーくわかる本―市場経済の仕組み・動きが見えてくる」(秀和システム)、
経済指標の読み解き方がよーくわかる本」(秀和システム)がある。
企業・団体などを対象に、経済の状況を分かりやすく解説する講演も引き受ける。

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp