FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

小笠原誠治の経済ニュースに異議あり!

2月14日は変動相場制の誕生日

 本日は2月14日。

 なんの日でしょうか?

 バレンタインデー?

 正解!

 しかし、それ以外の意味もあるのです。ヒントは、為替に関係があることです。

 ちょっと難しいでしょうか?

 実は、2月14日というのは、変動相場制がスタートした日で、1973年2月14日に固定相場から変動相場制に変更したのです。

 もう少し詳しく言うと、ブレトンウッズ体制の下で1ドル=360円にドル円の相場は固定されていた(固定相場制)のが、1971年8月15日にニクソンショックが起き、ドルと金の交換停止が発表されたことによって1ドル=308円とされたのですが、それも長くは続かず1973年2月14日から変動相場制がスタートしたのです。

 ということで、本日は変動相場制の誕生日といってもよく、変動相場制が43歳を迎えたのです。

 では、ここで質問をしたいと思うのですが、過去20年間ほどの間に、円の本当の価値はどのように変更していると思いますか?

 如何でしょう?

 そう質問すると、リーマンショックが起きた後、未曽有の円高が起きた、つまり、円の価値は急騰したものの、今は、過去の平均的な水準にある、なんて答える人が多いのではないでしょうか?

 しかし、正解はそうではありません。

 ご承知のように、年明け後円高に振れていますが、そレを考慮に入れても、円は概ね、過去20年間で一番価値が低い水準にあると言えるのです。

 グラフをご覧ください。

 円の実効レート.jpg

 円の実効為替レートの推移を示したものです。2010年=100とした指数で示しています。

 実効為替レートというのは、ドルとの関係だけではなく、ユーロやポンドやその他様々の通貨との関係をも考慮したレートであり、本当の円の価値が判断できるのです。但し、実効為替レートといっても名目実行為替レートでは、各国の物価の変動分が調整されていません。そこで、物価の変動分を調整したものが実質実効為替レートとなり、これが真の円の価値を示すのです。

 赤い線が実質実効為替レートの指数を示していますが、長い目でみれば、円の価値が極めて低い水準にあることが分かると思うのです。

 それに2015年の我が国の経常収支の黒字額はまた増えたでしょ?

 そのことから考えても、円の価値の水準が高過ぎるなんてことは決して言えないのです。

以上

最新の小笠原誠治の経済ニュースに異議あり!

小笠原誠治(おがさわら・せいじ)

小笠原誠治(おがさわら・せいじ)

1976年3月九州大学法学部卒。1976年4月北九州財務局(大蔵省)入局。
大蔵省国際金融局開発金融課課長補佐、財務総合政策研究所研修部長、
中国財務局理財部長などを歴任し、2004年6月退官。
以降、経済コラムニストとして活躍。
メールマガジン「経済ニュースゼミ」(無料版・有料版)を配信中。
著書に「マクロ経済学がよーくわかる本」(秀和システム)、
ミクロ経済学がよーくわかる本―市場経済の仕組み・動きが見えてくる」(秀和システム)、
経済指標の読み解き方がよーくわかる本」(秀和システム)がある。
企業・団体などを対象に、経済の状況を分かりやすく解説する講演も引き受ける。

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp