FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

小笠原誠治の経済ニュースに異議あり!

マイナス金利に驚くよりも日銀当座預金に未だに0.1%の金利を付けていることに驚くべきという話

 今回日銀が打ち出したマイナス金利に驚いている人が多いようなのですが...

 否、驚いたらいけないと言うのではないのですよ...否、やっぱり驚いたらいけないのかもしれません。

 だってね、これが民間金融機関が日銀に定期預金をしており、その定期預金の金利がマイナスになるというのであれば、それは驚いてしかるべき!

 というのも、定期預金であれば、僅かではあっても金利を稼ぐのが目的だから、その金利がマイナスなら、誰も定期預金なんてしないでしょうから。

 でも、今回、金利を一部マイナスにすると言っているのは、民間金融機関が日銀に預けている当座預金についてです。そのことに気が付いていない人が余りにも多すぎます。

 当座預金に金利が付かないのは、謂わば常識ではないですか!?

 当座預金はいつでも引き出しが可能であるので、企業などからお金を預かっている市中銀行としては、基本的には安定的な融資財源とみなすことができません。それに、当座預金口座は小切手や手形を落とすためのお金を預けておく口座ですから、銀行側に口座を管理するための特別な事務が発生するので、むしろ手数料を取ってもおかしくないのです。

 それが当座預金というものなのですよね。

 では、そもそも何故日本銀行は、民間金融機関から預金を預かるのか?

 それは、一つには準備預金制度というものがあるからです。

 ご存知ですよね、預金者からお金を預かった銀行が、預金総額の一定割合を日銀に準備預金として預けておく必要があることを。

 まあ、そうしておくことによって、万が一預金者からの預金の払い出しが集中したような場合に対処できるようにするためです。

 また、預金準備率を操作することによって、世の中に出回るお金の量をある程度コントロールすることも可能になるのです。

 さらに、民間金融機関の側からすれば、民間金融機関同士等での資金決済を行うために必要な額を日銀に預けておく必要があるのです。

 でも、以上説明したうちの、法律に従い、民間金融機関が必ず預けておかなくてはいけない法定準備預金(日銀当座預金の一部)には金利は付されないのです。つまり、金利はゼロ。

 民間金融機関は、そうして法律で義務付けられた預金をするために、本来であれば獲得できる運用益を放棄しているのにも拘わらず、です。

 では、これまで0.1%の金利が付されてきた日銀当座預金というものは、一体どんな性格の預金であると言ったらいいのでしょうか。

 実は、法的に義務付けられた準備預金を超える預金は超過準備と呼ばれ、この超過準備に対し、2008年の10月から金利が付されるようになったのですが、超過準備というのは民間金融機関側の自分の事情で行う預金と言っていいでしょう。

 ただ、本来民間金融機関は、資金を効率よく運用するために、できるだけ不要な資金を日銀当座預金に寝かせておかない工夫が求められるのです。つまり、超過準備は最小限度に留めるのが鉄則だ、と。

 一般の預金者でもそうだろうと思います。最近は定期預金の金利が異常に低くなっているので、少し事情は違ってきていますが、本来であれば、我々一般の預金者は、金利が低い普通預金の残高は最小限度にしておき、残りは定期預金でもして利息を稼ぐことを考えます。

 それと同じような発想で、民間金融機関も本来金利がゼロの日銀当座預金の残高を必要最小限度に保とうとするのが普通なのです。

 しかし、今はその日銀当座預金の残高は2016年1月末現在で、約260兆円にも達しているのです。でも、法定準備預金は僅か8兆7千億円ほどでしかありません。

 ということは、法律に基づき金融機関側に義務付けられている預金は8兆7千億円ほどでしかないので、残りの253兆円ほどは必ずしも積む必要のない預金だということになるのです。

 グラフをご覧ください。各年の年末の残高を示しています。

日銀当座預金残高推移.jpg


 一体、民間金融機関側は、このような巨額の資金を何故、日銀にある口座に寝かせているのでしょう?

 そしてまた、何故日銀もそのように巨額のお金を民間金融機関から預かる必要があるのでしょうか?

 もう、お分かりかもしれませんが、本来であれば、こんなに巨額のお金を民間金融機関が日銀に預けて置く筈はないのです。それはそうですよね、本来当座預金に金利は付かないからです。しかし、日銀は2008年10月から気前よく金利を付けてくれるようになったので、民間金融機関としては余裕資金を日銀に預けておくことが一つの有力な資金運用手段になったのです。

 そんなに巧い話を民間金融機関が見逃す筈はないですよね。

 では、そもそも何故日銀はそのような太っ腹な措置を講じているのでしょうか?

 日銀にはお金が不足しているので、お金を集める必要があるからなのか?

 そんなバナナ! ですよね。

 何故ならば、日銀は幾らでも必要に応じてお金を発行することが可能であるからです。民間金融機関からお金を集める必要なんてさらさらないのです。

 でも、だったら何故実際に、民間金融機関からそのような多額なお金を集めているのか?

 実は、これは日銀による壮大な社会実験なのです。

 今の日銀は、アベノミクスというかリフレ派政策というか、お金をジャンジャン刷ってマイルドなインフレにすることを目標としています。そして、その手段として、マネタリーベースを2年で倍増するとか、年間80兆円のペースで増やすと言っていましたよね。

 では、どうやってマネタリーベースを増やすのかといえば...マネタリーベースはキャッシュ(日銀券とコイン)と日銀当座預金の合計を意味するので...日銀が、民間金融機関から国債を大量に買い入れ、その代金を日銀当座預金勘定に振り込むことによって達成しようという算段だったのです。

 ただ、その際、日銀が幾ら大量に国債を買い入れても、日銀当座預金に金利が付かなければ、民間金融機関は国債の売却代金を引き出してしまい、マネタリーベースが計画通りに増えるなどということはあり得なかったのです。

 グラフをご覧になればお分かりのように、通常であれば、10兆円ほども預けておけばそれで用が足りたからです。

 しかし、だからこそ、日銀は本来付けなくてもいい金利を付けてまで民間金融機関側の協力を得ようとしたのです。

 私が、ここまで言っても、まだ多くの人は事の重大さに気が付いていないかもしれません。

 でも、金利を付けてやっているといっても、たった0.1%だろう、と。

 だったら、私は言いたい。我々が普通預金をしてもたった0.02%です。定期預金をしたとしても、最低10年も預けないと0.1%の金利は得られないのです。

 それに日銀が実際に民間金融機関側に支払っている金利は、年間2000億円以上にもなっているのです。

 そして、その2000億円以上ものお金は、本来であれば民間金融機関に支払う必要のないお金であり、また、そうなればその分、日銀の国庫納付金も増える筈であるので、結局、我々納税者がその負担をしているのも同然なのです。

 つまり、国民1人が年間約2000円を負担して、インフレターゲットという社会実験をしていると言ってもいいでしょう。

 で、その結果、円安と株高は実現できたけれども、国民にとってプラスになったことは殆どなしだ、と。

 マイナス金利を導入したとはいっても、これまで預けた分はほぼ全額これまで同様金利が付けられる訳で、そして、それは本来付ける必要のない金利であり、しかも、最終的には納税者の負担になっていることを考えれば、もっと憤慨しても当然だと思います。


以上

最新の小笠原誠治の経済ニュースに異議あり!

小笠原誠治(おがさわら・せいじ)

小笠原誠治(おがさわら・せいじ)

1976年3月九州大学法学部卒。1976年4月北九州財務局(大蔵省)入局。
大蔵省国際金融局開発金融課課長補佐、財務総合政策研究所研修部長、
中国財務局理財部長などを歴任し、2004年6月退官。
以降、経済コラムニストとして活躍。
メールマガジン「経済ニュースゼミ」(無料版・有料版)を配信中。
著書に「マクロ経済学がよーくわかる本」(秀和システム)、
ミクロ経済学がよーくわかる本―市場経済の仕組み・動きが見えてくる」(秀和システム)、
経済指標の読み解き方がよーくわかる本」(秀和システム)がある。
企業・団体などを対象に、経済の状況を分かりやすく解説する講演も引き受ける。

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp