FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

みんかぶFXとの統合のお知らせ

平素はKlugFXをご利用いただきありがとうございます。KlugFXは12月8日をもって、みんかぶFX(https://fx.minkabu.jp/)と統合いたします。KlugFXをご利用いただいているユーザーの皆様には、みんかぶFXをご利用くださいますようお願い申し上げます。

株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド

小笠原誠治の経済ニュースに異議あり!

信用創造に関するWikipediaの奇想天外な解説

信用創造機能と量的緩和策に関して全く変な風に理解している人がいることに気が付きました。

 どうして気が付いたかと言えば...私の記事に対して批判する人がいて、その人の主張を聞いていたら分かったのです。

 でも、何故誤解をするのか? それが謎だったのですが、やっと分かりました。

 それは、皆さんもしばしばお世話になっているかもしれないWikipediaの解説が間違っていたからなのです。

 Wikipediaの書いていることには誤りが多いことはよく知られていると思うのですが...でも、そうはいっても手頃でもあり、ついつい信じてしまうのでしょう。

 本日は、Wikipediaの信用創造に関するおかしな解説をご紹介することにします。

 信用創造と準備預金制度

 銀行などの金融機関は準備預金制度によって、顧客から預かっている預金額の一定割合(準備率)を日本銀行の当座預金に積み立てることを義務付けられている。

 日本銀行など中央銀行が、市中の銀行に資金を供給すると信用創造によってマネーサプライが増加するが、どこまで増加しうるかの上限は準備率に依存している。以下では準備率が10%であった場合を例に説明する。

中央銀行がA銀行に100万円の資金を供給する。
A銀行はこの資金をX社に融資し、X社がB銀行に保有している預金口座に振り込む。
B銀行が預かる預金が100万円となり、B銀行はこの10%にあたる10万円を日銀の当座預金に預け入れる。
B銀行は残りの90万円をY社に融資し、Y社がC銀行に保有している預金口座に振り込む。
C銀行が預かる預金が90万円となり、C銀行はこの10%にあたる9万円を日銀の当座預金に預け入れる。
C銀行は残りの81万円をZ社に融資し、Z社がD銀行に保有している預金口座に振り込む。
D銀行が預かる預金が81万円となり、D銀行はこの10%にあたる8.1万円を日銀の当座預金に預け入れる。
D銀行は......

 という連鎖が起こり、結局A銀行、B銀行、C銀行、D銀行、......という銀行が預かっている預金額の合計は、中央銀行が供給した資金100万円の1/0.1=10倍となる。 準備率を1%にすれば、銀行部門全体が預かっている預金額の合計と中央銀行が供給した資金の倍率は100倍になる。

 日本銀行など中央銀行が準備率を変更して市中にある資金量の調節を試みることは、準備率操作と呼ばれる。

 如何でしょうか?

 「(預金)準備率を1%にすれば、銀行部門全体が預かっている預金額の合計と中央銀行が供給した資金の倍率は100倍になる」なんて平気で言っていますが...そして、我が国の実際の預金準備率も平均すればそれに近い値になると思うのですが...幾ら日銀が市中銀行に多額の資金を放出しているからといって銀行業界全体の預金がそんなに増えたなんてことは全く観察されてはいないのです。

 例えば、今日銀は、年間80兆円のペースで市中銀行に資金を放出しているのですが、100倍ということは8000兆円になる訳です。

 100倍だなんてバカバカしい。10倍もないし、2倍もない。

 では、実際に銀行業界全体で、年間幾らくらい預金が増えているかと言えば...

 2014年8月:646兆円 → 2015年8月:673兆円 

 27兆円ほどしか増えていないのです。(日銀の統計資料)

 先ず、そのことが第1点。

 次に、上のケースを順を追ってみていきます。

 先ず、日銀が、A銀行から国債を買い入れてA銀行に100万円を渡したとします。

 上のケースでは、A銀行はその100万円をX社に融資すると断定していますが、実際にはそのようなことはなかなか起こり得ないのです。

 何故かと言えば、そもそも魅力的な融資先がないので止むなく国債を購入している銀行が多いからです。つまり、融資をしたい先があるのであれば100万円で国債を購入しないで融資に回している、と。

 それに、国債は極めて流動性が高い資産ですから、キャッシュが必要であれば、市場で国債を売却すればいいつでもキャッシュが手に入ります。だから、そもそも日銀に国債を買ってもらう必要はないのです。

 ということで、日銀がどれだけ市中銀行から国債を買い取って代金を市中銀行に手渡しても、そのお金が融資に回る可能性は極めて低いのです。

 プラス、今現在、日銀は、市中銀行が保有する日銀当座預金に0.1%の金利を付けています。

 0.1%の金利は、昔だったらバカみたいに低いと思われたでしょうが...今は違います。

 というのも、大手の銀行の1年物定期の金利が0.03%といったところですから、取り敢えず鞘が抜ける、と。下手に融資に回して貸し倒れになるリスクを考えると、日銀当座預金として預けておいた方が賢明とも言え、だからなおさら融資に回ることは期待できないのです。

 上のケースには他にもおかしな点があります。

 「B銀行が預かる預金が100万円となり、B銀行はこの10%にあたる10万円を日銀の当座預金に預け入れる」と勝手に断定していますが、それはX社が融資をしてもらったお金をそのままB銀行に預けておいた場合の話です。ところが、X社はお金が必要だからA銀行から融資してもらったのですからその100万円は殆ど引き出してしまうでしょう。

 ただ、もちろん、その引き出された100万円が、今度はX社の取引先などに振り込まれることが想像され、そうして振り込まれたお金の一部が預金として残ることも考えられます、瞬時に100万円満額が振り込まれ、また、振り込まれたお金がそのまま預金として残ることは普通ないのです。

 また、上のケースでは、融資を受けたX、Y、Zは幾ら融資をしてもらっても、そのお金に全く手を付けないという現実離れした想定となっている点もおかしいのです。

 ということで、どれだけ日銀が市中銀行から国債を買い上げてもなかなか世の中に出回るお金の量は増えないというのが現実であり、また、信用創造も、教科書に書いてあるようには機能しないのです。

 お分かりになりましたか?

 Wikipidiaに書いてあったからと言って早合点してはいけません。


以上

最新の小笠原誠治の経済ニュースに異議あり!

小笠原誠治(おがさわら・せいじ)

小笠原誠治(おがさわら・せいじ)

1976年3月九州大学法学部卒。1976年4月北九州財務局(大蔵省)入局。
大蔵省国際金融局開発金融課課長補佐、財務総合政策研究所研修部長、
中国財務局理財部長などを歴任し、2004年6月退官。
以降、経済コラムニストとして活躍。
メールマガジン「経済ニュースゼミ」(無料版・有料版)を配信中。
著書に「マクロ経済学がよーくわかる本」(秀和システム)、
ミクロ経済学がよーくわかる本―市場経済の仕組み・動きが見えてくる」(秀和システム)、
経済指標の読み解き方がよーくわかる本」(秀和システム)がある。
企業・団体などを対象に、経済の状況を分かりやすく解説する講演も引き受ける。

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ