FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

小笠原誠治の経済ニュースに異議あり!

カジノは解禁しても日本人には利用させないという感性

 安倍政権が、外国人観光客を増やす戦略の一つとしてカジノ解禁を検討していることをご存知の方は多いと思います。

 どう思いますか?

 私は、基本的には反対です。

 何故反対するかと言えば、博打というのがどうも好きになれないからです。でも、だからと言ってなんでもダメなんて固いことを言うつもりはありませんが...宝くじや競馬などがあれば、もう十分ではないのでしょうか。

 しかし、なんとしてでもカジノを解禁したいという方もいるようで...なんてことを考えていたら、厚生労働省がおかしなことを言い出しているようなのです。

 どういうことかと言えば、カジノが解禁されても、ギャンブル依存症患者が増加する懸念があるので日本人にはカジノの利用をみとめない方針なのだとか。

 どう思います?

 ギャンブル依存患者が増えるとなれば、それは忌々しきこと。

 しかし、だったら聞きたいのですが...外国人の旅行者がギャンブル依存症になってもいいのか?

 お金持ちの外国人から稼がせてもらうのは悪くはないということなのでしょうか? しかも、カジノを楽しむのは個々人の自由意志のよるものだから、と。

 しかし、そうであれば、外国人であるとか日本人であるとかに関係なく、お金持ちかどうかでカジノの利用を認めるのが筋ではないのでしょうか?

 いずれにしても、なんとも国際感覚が欠如したような厚生労働省の判断なのです。

 日本人さえ守れば、外国人などどうでもいいと言わんばかりの考え方!

 そんな決定を下せば、本当に日本が遅れた国だとしか思われないでしょう。

 厚生労働省に言いたい。

 それほどギャンブル依存症患者が増えるのが懸念されるのであれば、何故堂々と安倍総理に対してカジノ解禁に反対すると言わないのか?

 残業代ゼロ法案に関しても同じなのです。厚生労働省は、本音としては残業代ゼロ法案に反対であるようにも見受けられますが、安倍総理が進める政策に真っ向から反対をする訳にはいかないので、表向きは賛成しながらも同法案が適用される対象者の所得水準を極めて高くすることを主張して、残業代ゼロ法案に事実上反対しているとも言えるのです。

 安倍政権になって、自由にモノがいえる雰囲気が失われてると感じるのは私だけでしょうか?

 今安倍総理に刃向うとろくなことがない、と。

 いずれにしても、カジノで外国人から金を巻き上げようなんて...

 おもてなしの心とは真逆と言っていいでしょう。

以上

最新の小笠原誠治の経済ニュースに異議あり!

小笠原誠治(おがさわら・せいじ)

小笠原誠治(おがさわら・せいじ)

1976年3月九州大学法学部卒。1976年4月北九州財務局(大蔵省)入局。
大蔵省国際金融局開発金融課課長補佐、財務総合政策研究所研修部長、
中国財務局理財部長などを歴任し、2004年6月退官。
以降、経済コラムニストとして活躍。
メールマガジン「経済ニュースゼミ」(無料版・有料版)を配信中。
著書に「マクロ経済学がよーくわかる本」(秀和システム)、
ミクロ経済学がよーくわかる本―市場経済の仕組み・動きが見えてくる」(秀和システム)、
経済指標の読み解き方がよーくわかる本」(秀和システム)がある。
企業・団体などを対象に、経済の状況を分かりやすく解説する講演も引き受ける。

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp