FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

小笠原誠治の経済ニュースに異議あり!

1ドル=83円台に

 円高が進んでいます。でも私流の言い方で言えば、名目円レートが。

 それはそれとして、名目でも相当な円高になっていることは、これは厳然たる事実。

 では、何で円高になっているのか?

 その理由は、既に報じられているとおり。

 菅総理と白川総裁の電話会談が失望を誘ったとか‥

 しかし、その前に言いたい!

 何故、財務官を使わないのだ、と。

 財務官は何のために存在しているのだ、と。

 幾ら天下りを根絶しようとも、そして、官僚支配を排除しようとも、それとこれは別!

 そもそも為替の話は、日銀の任務の範疇ではなく、外国為替特別会計を所管する財務省の任務であるのだ。

 ああ、それなのに、それなのに‥


 為替介入をするとかしないとかの前に、何故、財務官ととことん話をしないのか?

 以上

最新の小笠原誠治の経済ニュースに異議あり!

小笠原誠治(おがさわら・せいじ)

小笠原誠治(おがさわら・せいじ)

1976年3月九州大学法学部卒。1976年4月北九州財務局(大蔵省)入局。
大蔵省国際金融局開発金融課課長補佐、財務総合政策研究所研修部長、
中国財務局理財部長などを歴任し、2004年6月退官。
以降、経済コラムニストとして活躍。
メールマガジン「経済ニュースゼミ」(無料版・有料版)を配信中。
著書に「マクロ経済学がよーくわかる本」(秀和システム)、
ミクロ経済学がよーくわかる本―市場経済の仕組み・動きが見えてくる」(秀和システム)、
経済指標の読み解き方がよーくわかる本」(秀和システム)がある。
企業・団体などを対象に、経済の状況を分かりやすく解説する講演も引き受ける。

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ