FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

成田晋のFXトレーダーへの起業のすゝめ

FX法人の各種データからわかること

FX法人の各種データからわかること

ここ数年、弊所ではFX法人の様々なデータが蓄積されてきました。

例えば、
 平均的な資本金額、専業割合、組織形態(株式?合同?)、平均運用資金、法人の平均寿命などです。

もちろん、私共で関与したことがある法人限定で算出される数字でありますから、微差はあるでしょう。

しかし、お客様の数も多くなり続けておりますので、イメージとして把握する分には十分な裏付けのあるデータと捉えて頂いて結構です。


ちなみに、
 FX法人の平均的な資本金額ですが、約215万円です。

 上は1,000万円、下は1円です。
  *1円のお客様は海外FX口座のみを申請、そして通過しています。
 中央値は150万円程になろうかと思いますが、一番多いのは100万円です。


資本金が100万円あればFX業者に口座申請できることが背景にあります。

また、その金額がさらに多ければ審査時のスコアも上がる?との推測からか、そこから若干多めの150~200万の資本金額帯にも数が集まっています。

残りの資金は、資本金としてではなく、運用資金として法人口座に入金することになります。


また、専業割合ですが、約50%です。
意外と少ないです。

この割合は、非常に算定が難しく、本当のところもっとずれるかもしれません。
一番自信がもてないデータです。

というのも、
・設立したときは兼業、いずれ専業になるパターン
・設立したときは専業でいずれ他の事業で成功するパターン
・設立したときは専業で資金調達のために一度ほかに働きに出て兼業になる時期があるパターン
・ほかの家族名義で運営しているパターン

など様々ですので、どの時点・どの状態でそれを機械的に判断するかというのは適当でもなく、数字としてもおそらくずれてしまうと推測できるからです。

でも、私の受けている感覚を信じれば、大体半々くらいで問題ないのでではないでしょうか。


あとは、組織形態です。

これはよくお問い合わせ頂きますが、
「合同会社と株式会社どちらが良いの?どちらにすべき?」

という法人設立最初の選択肢になります。

結論からいうと、個人レベルで運営する法人であればどちらでも良いですし、有利不利は特にありません。

あえて挙げるとするならば、設立費用が安いのは合同会社ですので、

「合同会社で十分ですので、設立コストを節約されてはいかがですか?」くらいのアドバイスしかありません。

この設立費用が安いというだけで、実は合同会社が70%超を占めています。

株式会社をご希望の方は、比較的所帯持ち、また中年以上の方が多いです。
稀に、若年層でも根強い株式会社ブランドを望む方もいます。

今回はここまで。
今後も、ASCFXの各データは小出しにしていきます。

そろそろ夏の予定も決めていかなければなりませんね。

夏はセミナー講師としてデビューする機会を頂けたので、詳細決まりましたらこちらでもお知らせします。

また、相変わらず週末は息子のジュニアサッカー漬けです。

彼らの受験戦争(セレクション)も既に始まっています。現小6を対象としてJ下部では内部昇格やスカウティングにより、既に来年中学1年生の内定者が出始めているようです。
うちの長男もその戦争の中心?におり、6月も内部昇格セレクションやらがいくつもあります。

結果はどうあれ、6年間のすべてを出し切って、今後の成長のベースになってくれればよいです。

最新の成田晋のFXトレーダーへの起業のすゝめ

成田晋(なりた しん)

成田晋(なりた しん)

 平成17年㈱エーエスシー/税理士法人ASC(旧中村会計事務所)入所
 国内トップクラスのFX法人サポート実績・ノウハウを持つFX法人専門チームを統括。
 自らもFXトレード、株式投資や不動産などへも投資を行う。
 著書に『なぜあのFXトレーダーは社長になったのか 二訂版』(平成28年11月)。
 ベンチャー企業の創業に携わりながらも、講演、執筆活動のほか、専門特化の法人支援サイトを運用している。

FX法人サポートサイト ASCFX http://ascfx.com
株式投資法人サポートサイト ASCSTOCK http://www.ascstock.biz

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp