FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

成田晋のFXトレーダーへの起業のすゝめ

せっかく法人を設立したのに、どうして最初の一ヵ月しか取引しないのか?

せっかく法人を設立したのに、どうして最初の一ヵ月しか取引しないのか?


大変長らくご無沙汰しておりました。
昨日が3/15ですので、ようやく個人確定申告への対応がひと段落ついたところです。


さて、さっそく今回のお題ですが、少し長ったらしいです。

要は、
せっかく節税のために法人化したのに、なぜすぐに取引をやめてしまうの?
という謎についてです。

鋭い方は既にお気づきかもしれません。


そうです。
節税や節約のためにすぐに取引をやめるのです。

大体いくらまで法人口座で稼げば自分にとって得になるか?というラインを見極めているからこそ、最初の一ヵ月でそのラインまで到達した場合はそこで法人口座取引を決算まで終了とするわけです。

上手な使い方です。


例)
  前提1:法人経費が300万円/年間
      内訳 給与 1,000,000円
         家賃  840,000円
         通信  120,000円
         備品  200,000円
         諸費  840,000円

 この場合、300万円ちかくまで法人口座で利益を出します。その近辺にきたら法人口座は動きを止めます。これでこの法人は赤字決算となります。
 これにより、本来個人で300万×20%の納税をするところですが、法人では維持コスト部分約30万円の出費で済みますので、60万-30万の差額として、約30万円の節約ができたことになります。

  前提2:法人経費が540万円/年間
      内訳 給与 1,000,000円
         家賃  840,000円
         通信  120,000円
         備品  200,000円
         諸費  840,000円
         保険 2,400,000円(倒産防止共済)


 前提1が1年目、前提2が2年目の想定です。2年目からは政府系の頼れる保険「倒産防止共済」にも加入できます。
 前年は300万円近くまでしか法人では取引できませんでしたが、2年目からは540万円近くまで法人で取引できることになります。そうすれば利益を経費がのみこめます。
 その場合、本来個人で540万×20%の納税をするところですが、法人では維持コスト部分約30万円の出費で済みますので、108万-30万の差額として、約78万円の節約ができたことになります。

 上手な法人の使い方のご紹介でした。

最新の成田晋のFXトレーダーへの起業のすゝめ

成田晋(なりた しん)

成田晋(なりた しん)

 平成17年㈱エーエスシー/税理士法人ASC(旧中村会計事務所)入所
 国内トップクラスのFX法人サポート実績・ノウハウを持つFX法人専門チームを統括。
 自らもFXトレード、株式投資や不動産などへも投資を行う。
 著書に『なぜあのFXトレーダーは社長になったのか 二訂版』(平成28年11月)。
 ベンチャー企業の創業に携わりながらも、講演、執筆活動のほか、専門特化の法人支援サイトを運用している。

FX法人サポートサイト ASCFX http://ascfx.com
株式投資法人サポートサイト ASCSTOCK http://www.ascstock.biz

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp