FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

第341回 繁栄への道(1/3)

 筆者は日本を亡国(国民が主権を失う、という意味)に導く「三大嘘」は、以下三つであると確信している。
「国の借金で破綻する」
「日本は公共投資をやりすぎた(もしくは「人口が減るから公共投資は不要」)」
「日本は人口が減って衰退する」
 無論、他にも色々と嘘(日本は輸出依存国、等)はあるのだが、とにもかくにも上記三つは影響(悪影響)が大きすぎる。
 というわけで、筆者は言論活動を始めた当初から、上記の「嘘」について繰り返し、繰り返し否定してきた。特に、日本国で暮らす日本国民に「閉塞感」「絶望感」を与えるのは、人口問題(に関する嘘)ではないだろうか。
 日本の「人口問題」(問題があるとして)は、
「日本は人口が減って衰退する」
 といった情緒的かつ意味不明な話ではなく、生産年齢人口対総人口比率の低下である。

【図1 日本の総人口(左軸、千人)と生産年齢人口比率(右軸、%) 】
20160118.png
出典;統計局

 図の通り、日本の生産年齢人口比率はバブル期には70%程度だったのが、直近の15年7月のデータで60.78%。少子高齢化が継続している以上、60%を割り込んでくるのは確実だ。
出典;統計局

 図の通り、日本の生産年齢人口比率はバブル期には70%程度だったのが、直近の15年7月のデータで60.78%。少子高齢化が継続している以上、60%を割り込んでくるのは確実だ。
「だから大変だ!」
ではなく、今後の日本は(恐らく)人類が経験したことがない「超人手不足」の時代に突入すると理解するべきなのである。
 そして、人手不足を解消するための「解決策」を間違えさえしなければ、我が国は再び繁栄への道を歩み始め、少子化の原因である若い世代の実質賃金低下も食い止められ、所得増と雇用安定化が定着すれば少子化が解消し、そのうち人口も戻り始めることになる。日本の少子化の原因は、結婚している夫婦が産む子供の数が減っていることではない。何しろ、有配偶者出生率は増加傾向にある。
 我が国の少子化は、結婚した夫婦が産む子供の数が減っているためではなく、「結婚が減っている」ことに起因しているのだ。すなわち、婚姻率の低下だ。
 そして、婚姻率低下を引き起こしている原因が、まさに若い世代の実質賃金が低下し、雇用が不安定化していることなのである。大本の原因を取り除けば、少子化は普通に解消する。別に、日本の少子化や人口減少は、我が国の宿命でも何でもない。
 人手不足解消のための正しい「解決策」は、もちろん「外国人労働者を」ではなく、生産性の向上になる。同じく「超人手不足」だった高度成長期と同様に、生産性向上で人手不足(あるいはインフレギャップ)の解消を図れば、我が国は普通に高い成長率を取り戻すことができるのだ。

最新の三橋貴明の「経済記事にはもうだまされない!」

三橋貴明(みつはし・たかあき)

三橋貴明(みつはし・たかあき)

1994年、東京都立大学(現:首都大学東京)経済学部卒業。
外資系IT企業ノーテルをはじめ、NEC、日本IBMなどに勤務した後、2005年に中小企業診断士を取得、2008年に三橋貴明診断士事務所を設立する。現在は経済評論家、作家として活躍中。
インターネット掲示板「2ちゃんねる」での発言を元に執筆した『本当はヤバイ!韓国経済―迫り来る通貨危機再来の恐怖』(彩図社)が異例のベストセラーとなり一躍注目を集める。同書は、韓国の各種マクロ指標を丹念に読み解き、当時日本のマスコミが無根拠にもてはやした韓国経済の崩壊を事前に予言したため大きな話題となる。
その後も、鋭いデータ読解力を国家経済の財務分析に活かし、マスコミを賑わす「日本悲観論」を糾弾する一方で、日本経済が今後大きく発展する可能性を示唆し「世界経済崩壊」後に生き伸びる新たな国家モデルの必要性を訴える。
崩壊する世界 繁栄する日本』(扶桑社)、『中国経済がダメになる理由』(PHP研究所)、『ドル崩壊!』 など著書多数。ブログ『新世紀のビッグブラザーへ blog』への訪問者は、2008年3月の開設以来のべ230万人を突破している(2009年4月現在)。

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp