FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

オーストラリア 金融政策の変遷 2012年度

2008年  2009年  2010年  2011年  2012年  2013年  2014年  2015年 

開催日 政策金利 予想 変更 バイアス 声明文ポイント リンク
2/7 4.25%  4.25%  据え置き  中立  需要弱まれば緩和の余地
経済状況は昨年遅くに弱まった
欧州リスクは下向き 
3/6 4.25%  4.25%  据え置き  中立  世界経済で深い下振れリスクは想定していない。
状況が著しく悪化した場合、政策緩和の余地がある。
中国の成長は穏やかなペースになった。
金融政策は現時点で適正。  
4/3 4.25%  4.25%  据え置き  中立  需要が大幅に弱まればより緩和的な政策の余地。
成長は予想より若干低い。
世界経済の深刻な下振れの兆候はみられない。 
5/1 3.75%  4.00%  利下げ  中立  景気の状況、予想より若干弱まっている。
インフレは穏やかになった。
50bpの利下げ、適切な借入金利を提供するのに必要と判断。
交易条件の低下にも拘らず、為替レートは依然として高水準。
12月時点よりも金融状況が緩和的であるべきと判断した。 
6/5 3.50%  3.50%  利下げ  緩和  利下げは緩やかな国内見通しと海外環境の悪化が理由。
金融市場のセンチメントは悪化した。
一段の緩和スタンスの余地がある。 
7/3 3.50%  3.50%  据え置き  中立  金融政策のスタンスは依然適切。
インフレは目標に沿った水準で推移すると予想。
欧州は当面、ショックの潜在的原因であり続ける見込み。
過去6ヵ月間に金融政策を大幅に緩和してきた。
豪ドルは引き続き高水準。 
8/7 3.5%  3.5%  据え置き  中立  政策は依然として適切。
経済成長は全般にトレンド付近。
欧州の弱さは継続している。
交易条件の低下にかかわらず豪ドルは依然として高水準。
海外投資家の豪国債への需要が豪ドルを押し上げ。 
9/4 3.50%  3.50%  据え置き  中立  政策は適切。
世界経済予想は下方リスク。
豪ドルは予想よりも高い水準にある。
弱い経済指標、中国の目先の成長に不透明感をもたらした。
利下げの影響は引き続き経済に浸透しつつある。
豪州にとって重要な一部商品価格、最近数週間に大幅に下落。
成長が著しく悪化した場合の政策対応余地がある。 
10/2 3.25%  3.50%  利下げ  中立  世界の経済見通しは依然として下方リスク。
政策をやや緩和にするのが適切。
商品価格はこれまでよりも大きく下落している。
来年の成長見通しは若干軟化。
資源投資は来年中にピークを迎える見通し。 
11/6 3.25%  3.00%   据え置き  中立  世界経済見通しのリスクは依然として下方向。
中国の成長は安定化した。
これまでの緩和の一段の効果がいずれ表れると予想。
インフレ統計は予想よりも若干高め。
金融政策は当面適切と判断。
豪ドルは引き続き予想よりも高い。 
12/4 3.00%  3.00%  利下げ  緩和  世界見通しへのリスクは依然として下方にある。
過去の利下げ効果はまだ全面的にはみられない。
最近のデータは中国の成長が安定化していることを示唆。
緩和的な政策が持続可能な成長を促す。 

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp