FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

英国 金融政策の変遷 2012年度

2008年  2009年  2010年  2011年  2012年  2013年  2014年  2015年 

開催日 政策金利 予想 変更 バイアス 採決 声明文ポイント リンク
1/11-12 0.50%  0.50%  据え置き  中立  政策金利9対0 資産買い入れ枠9対0  ・資産購入枠2750億ポンドで据え置き
・量的緩和の規模については引き続き検討中 
2/8-9 0.50%   0.50%   据え置き  緩和  政策金利9対0、資産買い入れ枠7対2  資産買入枠を500億ポンド拡大し3250億ポンドに
9対0で政策金利の据え置きを決定
7対2で資産買入枠の拡大を決定
ポーゼン、マイルズ両委員が750億ポンド拡大を主張 
3/7-8 0.50%  0.50%  据え置き  中立  金利据え置きは9:0 資産買入れ枠据え置きは7:2  資産買入枠3250億ポンドに据え置き。
ポーゼン、マイルズ委員は買入れ枠拡大を主張。
 
4/4-5 0.50%  0.50%  据え置き  中立  金利据え置きは9:0 資産買入れ枠据え置きは8:1  資産購入枠を3250億ポンドに据え置き(市場予想通り)。
現行の資産購入枠はあと1ヶ月で使い切る見通し。
マイルズ委員、買入れ枠拡大を主張。
ポーゼン委員、資産買い入れ枠据え置きに転換。 
5/9-10 0.50%  0.50%  据え置き  中立  全員一致  資産買入れ枠の3250億ポンドも据え置き
資産買入れ枠は8対1
マイルズ委員は買い入れ枠拡大主張 
6/6-7 0.50%  0.50%  据え置き  緩和  9:0  資産買い入れ枠は5:4
キング総裁、マイルズ委員、ボーゼン委員で500億ポンド、フィッシャー委員は250億ポンド増額主張
大半は追加刺激策が現在あるいは今後正当化されると判断 
7/4-5 0.50%  0.50%  据え置き  緩和  全員一致  資産購入枠は500億ポンド拡大して3750億ポンドに。
資産購入は4か月以内に完了する見込み。
インフレ率は中期的に目標を下回る可能性の方が高い。
資産購入枠の規模は見直しを続けていく。
政策金利は全員一致、資産購入枠拡大は7対2。
デール委員とブロードベント委員が反対。
新たな対策評価後に利下げの可能性検討も。 
8/1-2 0.50%  0.50%  据え置き  中立  全員一致  資産買い入れ枠3750億ポンドも据え置き
政策維持は全員一致
利下げは議論せず
買い入れ枠拡大は議論 
9/5-6 0.50%  0.50%  据え置き  中立  政策金利・資産購入枠ともに全員一致で据え置き  資産購入枠は3750億ポンド据え置き。
追加緩和が必要との議論も。
短期的なインフレに警戒。 
10/3-4 0.50%  0.50%  据え置き  中立  政策金利・資産購入枠ともに全員一致で据え置き  資産買い入れ枠3750億ポンドに据え置き。
一部の委員は今後一層の追加策が必要。
その他委員は追加策の効果に疑問を呈する。 
11/7-8 0.50%  0.50%  据え置き  中立  全員一致  資産購入枠3750億ポンドも据え置き。
8対1で資産買い入れ枠据え置きを決定。
9対0で金利据え置き決定。
予見可能な将来に利下げする公算は小さい。
マイルズ委員は250億ポンドの資産買い入れ枠拡大を要請。 
12/5-6 0.50%  0.50%  据え置き  中立  全員一致  資産購入枠の3750億ポンドは8:1で据え置き
マイルズ委員は250億ポンドの増額提案 

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp