FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

みんかぶFXとの統合のお知らせ

平素はKlugFXをご利用いただきありがとうございます。KlugFXは12月8日をもって、みんかぶFX(https://fx.minkabu.jp/)と統合いたします。KlugFXをご利用いただいているユーザーの皆様には、みんかぶFXをご利用くださいますようお願い申し上げます。

株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド

【ロンドン市場】ドル買いが優勢、G20控えた調整ムードで

 30日のロンドン市場は、ドル買いが優勢になっている。序盤は様子見ムードが広がっていたが、欧州株や米株先物が次第に下げ幅を拡大する動きが、リスク回避的なドル買い・円買いにつながったもよう。G20での米中首脳会談を控えて、株式市場では今週の上昇相場にひとまず利益確定売りが入ったようだ。ポンド相場にとっては、12月11日の英議会採決を控えて、メイ英首相がプランBはないとしており、合意なき離脱への懸念が高まっている。ユーロ圏の消費者物価指数速報値は前年比+2.0%と前回から伸びが鈍化、改善予想の同失業率も8.1%と横ばいにとどまった。ポンドドルは朝方に1.28台に乗せたが、反転して1.27台半ばへと下落。ユーロドルは1.14台手前から1.1360近辺まで軟化。クロス円も弱い動き。ドル円は113.50台へとじり高。

 ドル円は113円台半ばでの取引。序盤は113.40レベルを中心とした東京市場での揉み合い水準で取引を開始した。ポンドやユーロでドル買いの動きがみられたことで、ドル円も113.55レベルまで高値を伸ばした。全般的にはG20を控えて値動きは限定的。

 ユーロドルは1.13台後半での取引。東京市場で1.14台が重かった流れを受けて、ロンドン市場では1.1358レベルまで下押しされた。ユーロ円は129円台前半での取引。129.20近辺から一時128.94レベルまで下落したが、足元では129円台に戻している。ユーロ圏の11月消費者物価指数速報値は前年比+2.0%と前回から伸びが鈍化、改善予想の同10月失業率も8.1%と横ばいにとどまった。

 ポンドドルは1.27台半ばでの取引。序盤に1.2810レベルまで買われる場面があったが、すぐに売り戻されると、安値を1.2745レベルまで広げた。ポンド円も序盤に145.29レベルまで高値を伸ばしたあとは、反落して安値を144.64レベルに広げた。その後も安値圏にとどまっている。メイ英首相は自身のブレグジット案に固執、プランBはない、と報じられている。代替案を拒否する姿勢であるという。市場には12月11日の英議会採決で否決される可能性が高いとの見方が優勢になっており、合意なき離脱の可能性が現実的になっているもよう。
 
minkabu PRESS編集部 松木秀明

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ