FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

【東京市場】中国株高がリスク警戒感の後退誘う

 朝方は寄り付きから売りが出た日経平均の動向などもあり、リスク警戒のやや優勢な展開で、ドル円も112円35銭近辺まで値を落とすなど、頭の重い展開が見られた。
 しかし、その後ドル円はしっかりの展開となり、112円60銭台まで上昇。
 習近平中国国家主席が民間セクターにゆるぎない支援と中国国営新華社通信が報じたことで、中国株が大きく上昇。上海総合が4.5%高、深セン総合が5%超高を見せる中で、アジアのその他株式も上昇を見せ、リスク警戒感が後退。
 日経平均も前引け前に下げ幅をかなり縮め、後場寄りでプラスに転じて、その後はしっかりの展開に。
 こうした株高に支えられる形で、ドル円、クロス円での円売りが優勢に。ドル円は112円60銭台の高値圏でもみ合った。
 イタリアの予算問題が懸念されるユーロは1.1520近辺。午前中に1.15割れを試す場面が見られるなど、朝方は対ドル、対円で売りがやや優勢な場面が見られたが、リスク警戒感後退での円売りを受けてユーロ円が買い戻されると、ユーロドルもやや値を戻している。

minkabuPRESS編集部山岡和雅

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ