FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

【東京市場】リスク警戒後退でやや円安優勢に

 ドル円は112円10銭台から112円50銭手前まで上昇する流れを見せた。
 前日のNY市場で111円台を一時付けるなど、円高が進行。米株の大幅安がリスク警戒を誘った形で、朝方は日経平均が300円超で始まり一時400円超まで下げるなど、東京株式市場も株安が広がる形で頭の重い展開に。
 中国株も下げて始まったが、中国人民銀行、中国銀行保険監督管理委員会、中国証券監督管理委員会のトップが相次いでマーケットに対する支援発言を行うという口先介入が見られ、中国株が大きくプラス圏に反発。日経平均の下げ幅も縮まるなど、アジア全般に株安の調整が入る格好で、ドル円も112円50銭手前に。

 ドル円での値幅は限定的も、クロス円は軒並みしっかり。ユーロ円は128円50銭割れから129円手前まで買いが入った。

minkabuPRESS編集部山岡和雅

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ