FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

【東京市場】ブレグジット警戒広がる

 ドル円は112円台前半から一時111円台に値を落とすなど、頭の重い展開。
 前週末に111円台まで値を落とし、その後少し値を戻して週の取引を終えた流れを受けて、週明けはややしっかりで始まったが、株が寄り付きから軟調。後場に入っても下げが続き一時日経平均が400円を超える下げとなる中で、リスク警戒の動きが広がった。

 週明け、目立ったのはポンドの売り。週末14日に行われたバルニエEU首席交渉官と英ラーブ離脱担当相との会談では、アイルランド北部の国境問題について合意に至らず、同問題が合意の壁となる状況が強調されたことで、早朝にポンド売りが広がった。147円台後半で先週末の取引を終えていたポンド円は、オセアニア市場で大きく売られ146円台後半へ。ポンドドルも1.31台後半から1.3082近辺まで値を落とした。

minkabuPRESS編集部山岡和雅

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ