FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

みんかぶFXとの統合のお知らせ

平素はKlugFXをご利用いただきありがとうございます。KlugFXは12月8日をもって、みんかぶFX(https://fx.minkabu.jp/)と統合いたします。KlugFXをご利用いただいているユーザーの皆様には、みんかぶFXをご利用くださいますようお願い申し上げます。

株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド

【東京市場】クロス円往って来い

 朝方、米国による中国からの輸入品約2000億ドル規模に対する追加関税を24日に発動するとの報道があり、いったん円高ドル高の動きが広がった。
 ドル円を除くドル高の動きもあって、ドル円の上昇は111円80銭台から111円67銭までと比較的限定的も、ユーロ円が13円台後半から130円30銭近くまで下げるなど、クロス円はしっかりと円高に。ユーロドルが1.1690近辺から1.1667を付けるなど、ドル高の動きも広がった。
 もっとも、こうした動きは午前中には収まり、値を戻す格好に。
 7月の暫定リスト公表以降、同関税の発動は織り込みが進んでおり、中国株などへの影響も限定的になったことが、市場への影響を抑制する格好に。
 午後に入ってもドル円、クロス円共にしっかりで、ドル円は112円台を回復。
、日本株が堅調地合いを維持し、日経平均の上げ幅が300円を超えたことなどが円安を誘う結果となった。
 朝方弱めに推移した米債利回りの上昇が見られ、10年債利回りが3%近辺を付けたことなどもドル円の支えとなった。

minkabuPRESS編集部山岡和雅
 

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ