FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

【東京市場】111円ばさみの

 週明け10日の東京市場で、ドル円は111円を挟んでの振幅を見せた。
 朝方は、前週末のトランプ大統領による中国への追加関税関連の発言や日本との新たな合意を求める発言が円買いの流れを誘い、110円80銭台に下落。
 ゴトウビがらみのドル買い円売りに、仲値にかけていったん111円台を回復も、中国株や香港株が寄り付きから大きく売り込まれたことなどを嫌気した売りに、再び110円80銭台を付けるなど、軟調な地合いに。
 もっとも昼前に111円台を回復するなど、下がったところではドル買いの動きも。

 クロス円もやや頭の重い展開で、ユーロ円は128円30銭台から一時128円06銭まで。
 米中の通商摩擦問題などがリスク警戒の動きを誘っていた。

minkabuPRESS編集部山岡和雅

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ