FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

【東京市場】円高が優勢に、リラは不安定、ランド一時急落

 週明けの東京市場、道連は110円台前半へ値を落とす展開となった。
 トルコリラの急落を受けて先週末に円高が進み、110円台前半まで下げた後、引けにかけて110円台後半まで上昇して迎えた週明けの市場。
 早朝のオセアニア市場でリラ売りが強まる場面が見られたこともあり、少し下げて始まった後、リラの買い戻しに110円台後半へ。
 しかし、リラ安が他の新興国通貨に波及する形で、ランドが一時10%安となるなどの動きに、リスク警戒感が強まり、ドル円は110円11銭近辺まで値を落とす展開となった。
 後場に入って一時日経平均が400円を超える下げとなったことなどもリスク警戒を誘う展開に。
 ユーロ円が126円台から125円14銭を付ける動きに。

minkabuPRESS編集部山岡和雅

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ