FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

みんかぶFXとの統合のお知らせ

平素はKlugFXをご利用いただきありがとうございます。KlugFXは12月8日をもって、みんかぶFX(https://fx.minkabu.jp/)と統合いたします。KlugFXをご利用いただいているユーザーの皆様には、みんかぶFXをご利用くださいますようお願い申し上げます。

株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド

【ロンドン市場】米朝首脳会談終了、欧州通貨は振幅、ドル円110円台前半

 12日のロンドン市場は、ドル円が110円台前半での取引が続くなかで、ユーロやポンドなど欧州通貨は振幅した。

 この日最大の注目イベントである米朝首脳会談は朝鮮半島の非核化で合意して終了した。ただ、トランプ大統領は米韓軍事演習を当面停止するとした一方で、経済制裁は継続するとしている。朝鮮戦争の終結宣言や非可逆的な核廃絶宣言までには至らず、今後の交渉に行方を委ねる格好となった。

 ドル円は110円台前半での取引が続いている。ロンドン市場ではやや上値が重く、材料出尽くし感が広がった。ただ、下押しは110.10近辺までに限定されており、大台は維持している。欧州株は買いが先行したが、英仏指数がマイナスに転じ、独指数も上昇を消すなど冴えない動き。積極的にリスクを選好するムードには米朝首脳会談は力不足だったようだ。

 ユーロ相場は上に往って来い。序盤は買いが先行し、ユーロドルは1.17台後半から一時1.1809レベルまで買われた。しかし、6月のドイツZEW景況感指数が-16.1と2012年9月以来の低水準に落ち込んだことで再び1.17台後半へと押し戻された。政治リスクが投資センチメントを低下させている。ユーロ円は129円台後半から一時130.28レベルまで上昇。その後は再び129円台後半に軟化した。

 ポンド相場も上下動。序盤は買いが先行し、英ILO雇用統計への期待感が広がった。ポンドドルは1.33台半ばから1.3419レベルまで上昇。ポンド円は147円台前半から147.99レベルまで上伸した。しかし、2-4月の英ILO雇用統計では賃金の伸びがやや鈍化しており、ポンド売りが優勢となった。また、英EU離脱修正法案の審議に先立って、英法務相の辞任が報じられており、政治混乱が不安を広げた面もあったようだ。ポンドドルは再び1.34台割れ、ポンド円は147円台半ばまで反落した。

minkabu PRESS編集部 松木秀明

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ